アスラポート・ダイニングは子会社で乳製品等の製造、販売を行う弘乳舎(熊本市)を通じて、北海道で牧場を運営する農業生産法人のTOMONIゆめ牧舎(黒松内町。売上高4900万円、営業利益△2500万円、純資産2億1400万円)の株式の一部を取得することを決議した。アスラポート・ダイニングの檜垣周作社長が取得する分と合わせて議決権の60%を保有することになり、TOMONIゆめ牧舎は子会社となる。

TOMONIゆめ牧舎は25ヘクタールの放牧地と100ヘクタール以上の牧草地を所有し、乳牛の放牧畜産による生乳の出荷や仔牛の生産を手がけている。全国的に乳牛の飼育頭数が減少傾向にあるため、TOMONIゆめ牧舎で生産された仔牛や飼料を九州で利用し、九州の酪農業界と弘乳舎の発展につなげる。

取得価額は1億1900万円。取得予定日は2015年8月28日。