M&A速報

小僧寿し<9973>、出前代行サービスのデリズを完全子会社化

2018/04/23

小僧寿しは出前代行サービスのデリズ(福岡市。売上高7億4000万円、営業利益3300万円、純資産△3億9500万円)の全株式を株式交換により取得し、完全子会社化することを決議した。

デリズは2002年設立で、専門料理店のメニューを掲載したメニューカタログの発刊やWEBサイトの運営、それに伴う店舗の運営を手がける。小僧寿しは宅配(デリバリー)事業を成長戦略の新たな柱に掲げている。デリズを傘下に取り込むことで、国内デリバリー市場の新たなビジネスモデル確立を目指す。

株式交換比率は小僧寿し1:デリズ59.2で、デリズの普通株式1株に対して小僧寿しの普通株式59.2株を割り当てる。株式交換実施予定日は2018年6月1日。

追記事項

2018-04-23
株式交換比率は小僧寿し1:デリズ59.19に訂正された。

関連の記事

倒産寸前といわれた小僧寿しがコロナで下期売上112%の大躍進

倒産寸前といわれた小僧寿しがコロナで下期売上112%の大躍進

2021/01/15

のれんの大幅減損による債務超過で、倒産寸前とまでいわれていた小僧寿しが債務超過を解消して上場廃止猶予期間から脱しました。さらに、コロナ禍で大躍進を遂げています。下期の売上高は前年比112.1%。買収したデリズも107.3%と健闘しています。

赤字体質からの脱却を目指す「小僧寿し」3年で売り上げ2倍に

赤字体質からの脱却を目指す「小僧寿し」3年で売り上げ2倍に

2020/01/07

小僧寿しが介護施設の運営を手がける子会社を売却することになった。低迷する業績を改善するため主力の「持ち帰り寿司事業」と「デリバリー事業」に経営資源を集中するためだ。

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

2019/12/30

12月のM&A市場は「売り」が勢いづいた。上場企業による子会社・事業の売却は18件に上り、年間最多となった。年末休み前の最終週(23~27日)だけで12件が集中。売却対象の子会社・事業の多くは不振状態にあり、“年末大決算”の様相を呈した。

「小僧寿し」が債務超過回避へ、増資で株式の希薄化296%

「小僧寿し」が債務超過回避へ、増資で株式の希薄化296%

2019/09/06

小僧寿しが9億5000万円の債務超過解消のため、JFLA ホールディングスとEVO FUNDを引受先とした第三者割当増資を実施します。発行する株式の総数は9200万株で希薄化は296%。一時的な危機を回避するも、前途多難な再出発となりそう。

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

2019/05/10

小僧寿しが10億5700万円の債務超過に陥りました。上場廃止猶予期間に突入し、今年中に債務超過状態を解消できなければ上場廃止に。債務超過のデリズを2億8000万円相当の株式交換で買収。それが仇となりました。

M&A速報検索

クリア