「牛角」「どさん子」など外食事業や食品製造を手がけるアスラポート・ダイニング(AD)<3069>は、食品・酒類卸売などを主力とするジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA)<2538>を株式交換によって完全子会社化することを決議した。

両社は2015年に業務資本提携し、ADはJFLA株式をすでに41.89%保有する。従来以上にグループ会社の強みを引き出し、総合力を高めることが急務になっているほか、JFLAの経営再建に必要な設備投資資金を確保するには経営統合が不可欠と判断した。

交換比率はAD:JFLA=1:0.9(本株式併合後)。JFLA株式1株に対してAD株式0.9株を割り当てる。

株式交換価額は68億2100万円。

株式交換契約締結日は2018 年8月1日。