2019年に実施されたTOB株式公開買い付け)は、前年比2件増の44件(進行中の案件を含む)で2年ぶりの増加となった。うち、不成立は同3件増の3件。廣済堂<7868>による1月のベインキャピタルをスポンサーとするのMBOと、それに対抗する3月の旧・村上ファンド系の南青山不動産によるTOB、ユニゾホールディングス<3258>に対するエイチ・アイ・エス<9603>によるTOBだった。敵対的買収は同1件増の2件、MBOは同3件増の6件とそれぞれ倍増している。

トップはヤフーのZOZOに対するTOB

TOB買付総額のトップは、ヤフー(現・Zホールディングス)<4689>が4007億円を投じて衣料品通販サイト大手のZOZO<3092>を子会社化したTOB。ZOZO創業者で前社長の前澤友作氏は36.76%を保有する株式のうち、30.37%についてTOBに応じた。

ヤフーはZOZOを取り込むことでファッションカテゴリーの品ぞろえを強化し、インターネット通販事業を拡大する。買付価格は1株あたり2620円。TOB公開前日の終値2166円に20.96%のプレミアムを加えた。

2位は仏自動車部品大手のフォルシアが子会社を通じて日立製作所<6501>子会社のクラリオンに対し、完全子会社化を目的に実施したTOB。買付総額は1342億円。買付価格は1株あたり2500円で、TOB公表前日の終値に対し10.47%のプレミアムを加えた。日立製作所は所有するクラリオン株式のすべて(63.80%)を899億円で譲渡した。クラリオンは3月25日に上場を廃止している

同社は1940年に電池式家庭用ラジオの製造会社として発足。現在はカーナビシステムなどの車載情報機器や自動車向けクラウド情報ネットワークサービスなどが主力だ。2006年に日立製作所の連結子会社となったが、競争激化で苦戦が続いていた。

3位はKDDI<9433>が買収目的子会社のLDF合同会社を通じてインターネット証券大手・カブドットコム証券に実施した非公開化を目的とするTOB。買付価格は1株559円で、TOB公表前営業日の終値に対し0.36%のプレミアムを加えた。買付総額は707億円。カブドットコム証券は8月29日に上場を廃止した。

KDDIグループが進めている金融サービス強化の一環で、カブドットコム証券は「auカブコム証券」に社名変更してスマートフォンユーザーのネット取引拡大に取り組んでいる。