トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >「サンマルクカフェ」増益見通しから一転減益に 人件費高騰が足引っ張る 

「サンマルクカフェ」増益見通しから一転減益に 人件費高騰が足引っ張る 

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
写真はイメージです

サンマルクカフェを展開するサンマルクホールディングス<3395>が、2016年3月期以来の営業増益を見込んでいた2020年3月期は、4期連続の営業減益に陥る見通しとなった。

 人件費を中心とした経費の上昇に伴い、2020年3月期第2四半期の営業利益が減益となったため、通期見通しを当初の3.5%の営業増益から5.3%の営業減益に下方修正した。売上高は増収を維持するものの、通期の伸び率は3.3%から2.6%に引き下げた...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY