とかく旧態依然とした不動産業界に、新しいビジネスモデルが生まれている。その一つが「不動産テック」。これまで不動産業界は独特の商慣習に縛られていた面もあったが、それをIT、テクノロジーの力によって変えようという取り組みだ。異業種との提携、不動産の売買や賃貸、さらに投資などの面で、新しい仕組みが続々と生まれている。

国内唯一ともいえるシェアオフィスのマッチングプラットフォーム

シェアオフィスのマッチングプラットフォーム「JUST FIT OFFICE」https://justfitoffice.com(運営:株式会社ユースラッシュ)も、その1つ。10月には、リアルタイムでシェアオフィス物件データを確認できる国内唯一の物件データベースをオフィス仲介会社向けに公開し、プラットフォームとしてのサービスを正式に開始した。

その全体像は下図のとおり。

ユースラッシュ・ニュースリリースより

「JUST FIT OFFICE」は、これまで東京都内のシェアオフィス需要に対応していたが、大阪・福岡にエリアを拡大し、掲載施設数が260を突破。サービスの本格展開により、オフィス仲介会社はこれまで情報収集・契約管理が十分にできなかった小規模なシェアオフィスをお客に紹介できるようになる。また、シェアオフィスとの個別契約の手間がなくなり、契約管理面にリソースを割く必要がなくなる。プラットフォーム経由でシェアオフィスをお客に紹介した場合、内覧などはシェアオフィス側が直接対応するため、小規模なオフィス案件に人的リソースを割く必要もなくなる。