ヤフー(現Zホールディングス<4689>)と対立していたアスクル<2678>が一転、ヤフーとの連携強化を打ち出した。 

ヤフーは2012年4月にアスクルと業務・資本提携契約を結び、アスクル株式の42.47%(2019年7月時点は約45%)を取得し、アスクルはこの提携を機に個人向け通販LOHACOを立ち上げた。 

アスクルが2019年7月に公表した資料によると、2019年1月にヤフーからLOHACO事業のヤフーへの譲渡の要請があり、検討の結果アスクルはヤフーへの譲渡は行わないことを決定するとともに、その後ヤフーに対し提携解消を申し入れた。 

これに対しヤフーは2019年8月2日のアスクルの株主総会で当時のアスクルの岩田彰一郎社長の取締役再任に反対し、岩田社長が退任する事態に発展していた。 

アスクルは2019年12月17日に2020年5月期第2四半期の決算発表を行い、この中でヤフーとの連携強化を明確にし、LOHACOについてヤフーが運営するネットショッピングサイトPayPayモールで売り上げを伸ばし、収益を改善するとの計画を示した。 

LOHACOはPayPayモールトップ画面の目立つ位置に配置されており、両社の良好な関係が想像できる。こうした取り組みもあり、PayPayモール販促キャンペーン中の11月1日から11月20日までのLOHACOの売上高構成比を見ると、PayPayモールの割合がそれまでの2倍ほどに高まるといった現象も現れた。 

現在LOHACOは赤字事業のため、黒字化のための具体的な計画を2020年7月までに公表し、2023年5月期までに黒字化を目指すという。