コクヨ<7984>による子会社化阻止のため、株主の争奪戦を繰り広げているぺんてるは11月29日、同社本社ビルに侵入した不審者の身柄を確保し、所轄の警察署に通報をするとともに、不審者による建造物侵入について、警察署に被害届を提出したと発表した。 

株主らの安全に配慮 

ぺんてるは「当社株式を巡る動きに関連し、当社の取引先の皆様や、当社を取り巻く状況をご心配頂き当社まで駆け付けてこられた株主の皆様の安全確保という観点からも、今般の被害届の提出は必要かつ重要な対応であると考えております」とし、株主らの安全への配慮を見せた。 

ぺんてるによると、2019年11月20日午前8時半ごろに、同社ビルの駐車場内に侵入し、写真撮影などを行っていた不審者を発見し、同社ビルを管理する警備員が不審者の身柄を確保し、所轄の警察署に通報した。 

また前日の11月19日の夜も同社ビル前の駐車車両から、同社役職員の動きを監視するような行動をとる不審者があった。このため、ぺんてるは株主はもちろん役職員の安全確保は非常に重要とし、被害届を11月28日に提出した。 

ぺんてるは警察による捜査に全面的に協力し、不審者がとった行動の詳細や不審者の依頼主の特定については、警察による捜査の進展を待つという。

文:M&A Online編集部