ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ココカラファイン、マツキヨHDと統合協議「1兆円企業」へ

alt
東京・赤坂で

ドラッグストア業界7位のココカラファインは14日、同5位のマツモトキヨシホールディングス(HD)との経営統合に向けた協議を始めると発表した。ココカラは並行して、同6位のスギホールディングスとも統合を検討していたが、店舗作業の効率性やプライベートブランド(PB)商品の開発などで大きなシナジー(相乗効果)が見込めるとしてマツキヨHDとの統合に傾いた。

業界初「1兆円企業」が近づく

ココカラは可及的速やかにマツキヨHDに対して独占交渉権を付与する予定。今後、早期に基本合意書の締結を目指す。最終的に統合が実現すれば、売上高は1兆円規模となり、業界トップを争うツルハホールディングス、ウエルシアホールディングスを抜いて首位に立つ。

ココカラファインは4月にマツキヨHDと資本業務提携に向けた検討開始を発表した。6月にはスギHDと経営統合について協議をスタートしたが、この直後にマツキヨHDから資本業務提携に代えて統合の打診があった。ココカラは特別委員会を設け、スギHD、マツキヨHDの両社による統合提案の内容について検討・確認を行ってきた。特別委員会からの報告を踏まえ、14日の取締役でマツキヨHDとの統合協議の開始を決定した。

ココカラは関東と関西を主力地盤とし、1354店舗(3月末現在)を持ち、19年3月期の売上高は4005億円。マツキヨHDは関東を基軸に全国に1654店舗(同)を展開し、19年3月期の売上高は5759億円。

東京・亀戸で

マツキヨHDは首位を奪還へ

マツキヨHDは17年3月期まで業界首位だったが、積極的なM&Aで規模を拡大してきたウエルシアHDにその座を奪われた。マツキヨHDとして今回、ココカラと統合にこぎつければ、首位を奪還し、業界初の1兆円企業に王手をかけることになる。 

 一方、ココカラとの協議を終了したスギHDは同日、「M&Aや戦略的提携などがあれば、積極的に検討し企業価値と株主価値の向上に努める」とのコメントを発表した。

◎ドラッグストア大手の顔ぶれ

社名(本社) 売上高 店舗数
ツルハHD(札幌市) 7824億円 2075店
ウエルシアHD(東京都千代田区) 7791億円 1878店
コスモス薬品(福岡市) 6111億円 1004店
サンドラッグ(東京都府中市) 5880億円 1147店
マツモトキヨシHD(千葉県松戸市) 5759億円 1654店
スギHD(愛知県大府市) 4884億円 1190店
ココカラファイン(横浜市) 4005億円 1354店

※売上高、店舗数は各社の直近決算期に基づく。HDはホールディングス

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

倒産企業のメインバンク調査、地銀が1,457社で最多

倒産企業のメインバンク調査、地銀が1,457社で最多

2019/08/13

東京商工リサーチによると、2018年度に倒産した企業のメインバンクは、地銀が1,457社(構成比32.7%)で最多。次いで信金が1,251社、都銀は1,020社だった。

関連のM&Aニュース