トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >M&A 巧者の日本電産が思わぬ損失を被ったエンブラコ買収の舞台裏とは

M&A 巧者の日本電産が思わぬ損失を被ったエンブラコ買収の舞台裏とは

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
コンプレッサーは冷蔵庫に欠かせない主要部品

日本電産<6594>はコンプレッサーメーカー・エンブラコの買収に伴い、欧州委員会から、やはりコンプレッサー事業であるセコップの売却を求められ、売り先企業や売却条件などについて、厳しい指摘を受けたことから198億円もの損失が発生したことを明らかにした。 

日本電産ではセコップの売却で100億円以上の利益を見込んでいたため、その差は300億円にも達する。一体何があったのか...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY