2019年6月25日、三菱重工業<7011>はカナダのボンバルディア社のCRJ(カナダエア・リージョナル・ジェット)事業の取得に関する契約を締結したことを発表しました。

この契約により三菱重工はCRJの保守、カスタマーサポート、マーケティング、販売などに関連する機能を有することになります。この買収が「日の丸ジェット」とも呼ばれる三菱重工のスペースジェット(旧MRJ)事業に与える影響も気になるところです。

今回は、事業取得におけるスキームや金額規模に焦点をあてて概要を確認したいと思います。

航空機のほか鉄道システムも提供するリーディングカンパニー

ボンバルディア社はカナダのトロント証券取引所(BBD)に上場している輸送機器業界における有力企業です。6万8000人以上の従業員を擁し、航空機だけでなく、鉄道システムに関する製品やサービスも提供しています。直近の2018年12月期には162億ドルの収益を計上しています。

三菱重工が6月25日付で公表した「ボンバルディア社一部事業の取得に関するお知らせ」では、CRJ事業の譲渡契約を「締結することを決議いたしました」という文言になっていますが、契約の締結自体も同日付でなされています。

東証における適時開示のルールでは「決定事実」「発生事実」「決算情報」など投資判断に重要な影響を与える会社情報を開示することになっています。そのため、取締役会決議があった時点で「決定事実」を適時開示しているものといえます。

CRJ事業の取得金額はいくら?

今回の取引はボンバルディア社の商業航空機事業の中でもCRJシリーズを対象とするものであり、事業譲渡という形態をとっています。取得対価は現金で約5億5000万ドル(約590 億円)となっています。

一般に、譲渡対象となる事業には資産だけでなく、負債も含まれます。今回の事業譲渡においても三菱重工は約2億ドルの債務を引き受けることになっているため、上記の取得対価にはこうした債務引受による負担増が加味されています。

また、三菱重工は1億8000万ドルと評価される「CRJ保有信託プログラム」(RASPRO, Regional Aircraft Securitization Program)の受益権を引き継ぐこととされています。同プログラムは、顧客に長期リースを提供することでCRJなどの販売を促進するために設立されたファイナンス・ストラクチャーとのことです。