M&A速報

三洋電機<6764>、三洋半導体を米オン・セミコンダクターの子会社へ売却

2010/07/15

三洋電機は、半導体や集積回路などの電子部品を開発する三洋半導体(群馬県大泉町。売上高750億円、営業利益△167億円、純資産△440億円)の全株式を売却することを決めた。譲渡先は米国半導体大手オン・セミコンダクター・コーポレーションの100%子会社であるセミコンダクター・コンポーネンツ・インダストリーズ・エルエルシー(アリゾナ州フェニックス)。三洋半導体に対する貸付金債権も譲渡する。

三洋半導体は2006年7月に会社分割により設立。三洋電機は2009年末にパナソニックグループの傘下に入り事業の見直しを進めている。三洋半導体の事業領域がグループの戦略・成長分野とは異なっていることから今後の経営資源の投入は難しく、経営関与を継続する必然性が薄れたと判断した。

譲渡価額は約330億円(現金116億円とその残額に相当するオン・セミコンダクターの普通株式約7~8%を取得する)。

譲渡予定日は2010年12月末日まで。

M&Aデータベース

関連の記事

中国企業による日本企業のM&A -ハイアール、三洋電機の白物家電事業を買収-

中国企業による日本企業のM&A -ハイアール、三洋電機の白物家電事業を買収-

2017/08/08

中国企業のM&A戦略について、特に日本企業と関連する部分にスポットを当て紹介する新連載がスタート。第1回は、ハイアール(Haier)による三洋電機の白物家電事業の買収事例を紹介する。

パナソニックの礎を築いた松下幸之助のM&A。そのDNAは目覚めるか?

パナソニックの礎を築いた松下幸之助のM&A。そのDNAは目覚めるか?

2017/07/23

過去にM&Aを巧妙に使って巨大なビジネス帝国を築いた企業がある。そう聞いてすぐに企業名を言い当てられるだろうか。答えは、パナソニックとしてブランドを押し出している会社、旧・松下電器産業だ。今回は松下幸之助が手がけたM&Aと現在のパナソニックの成長に合併・買収が果たした役割を見てみよう。

M&A速報検索

クリア