M&A速報

エルモ社<7773>、OA機器販売会社のサンヨーオーエーグループ6社を子会社化

2008/01/30

エルモ社はOA機器販売会社のサンヨーオーエーグループ11社の株式を取得し、そのうち6社を子会社化することを決議した。

サンヨーオーエーグループ各社は三洋電機<6764>傘下で、それぞれ地域に根ざした販売会社としてPCやプロジェクター、コピー機を企業など幅広いユーザーに販売している。子会社化する6社は、サンヨーシステムビジネス(東京都千代田区。売上高7億6000万円、純資産8100万円)、サンヨーオーエー新潟(新潟市。売上高1億7900万円、純資産1300万円)、サンヨーオーエー中部(岐阜県安八町。売上高6億600万円、純資産7500万円)、サンヨーオーエー近畿(大阪市。売上高5億2300万円、純資産5400万円)、サンヨーオーエー徳島(徳島県鳴門市。売上高9800万円、純資産2100万円)、サンヨーオーエー九州(福岡市。売上高4億3000万円、純資産4600万円)。

エルモ社はサンヨーオーエーグループとの連携により、国内販売チャネルを広げ、オフィスセキュリティ分野への本格参入や各種映像機器・システムの販売拡大を図る。

取得価額は11社合計で2億700万円。取得予定日は2008年2月20日。

M&Aデータベース

関連の記事

中国企業による日本企業のM&A -ハイアール、三洋電機の白物家電事業を買収-

中国企業による日本企業のM&A -ハイアール、三洋電機の白物家電事業を買収-

2017/08/08

中国企業のM&A戦略について、特に日本企業と関連する部分にスポットを当て紹介する新連載がスタート。第1回は、ハイアール(Haier)による三洋電機の白物家電事業の買収事例を紹介する。

パナソニックの礎を築いた松下幸之助のM&A。そのDNAは目覚めるか?

パナソニックの礎を築いた松下幸之助のM&A。そのDNAは目覚めるか?

2017/07/23

過去にM&Aを巧妙に使って巨大なビジネス帝国を築いた企業がある。そう聞いてすぐに企業名を言い当てられるだろうか。答えは、パナソニックとしてブランドを押し出している会社、旧・松下電器産業だ。今回は松下幸之助が手がけたM&Aと現在のパナソニックの成長に合併・買収が果たした役割を見てみよう。

M&A速報検索

クリア