M&A速報

投資会社のロングリーチグループ、三洋電機ロジスティクス<9379>をTOBで子会社化

2010/05/25

投資会社のロングリーチグループは、傘下の買収目的会社が三洋電機ロジスティクスに対しTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。買付株数に上限を設定しておらず、完全子会社化を目指す。三洋電機ロジスティクスはTOBに賛同を表明しており、TOB成立後に上場廃止となる見通し。

ロングリーチグループは日本企業の成長を中長期的に支援することを目的に2003年に設立された香港拠点の投資会社。今回、実際にTOBを行うのは買収目的会社のLSホールディングス(東京都千代田区)となる。三洋電機ロジスティクスの親会社の三洋電機(所有割合58.01%)は2009年にパナソニックの傘下に入ったことから、三洋電機ロジスティクスの売却先を検討していた。三洋電機はTOBに応募する意向を示しているが、今後も三洋電機ロジスティクスとは物流面での取引関係を続ける方針で、TOB終了後にLSホールディングスに5%程度出資するという。

TOBの買付価格は1株あたり1750円。TOB公表前営業日の対象株式の終値1542円に対して13.49%のプレミアムを加えた。

買付予定数は1023万9781株で、下限は767万9800株。応募株式数が下限に満たない場合は買い付けを行わない。買付総額は最大179億2000万円。

買付期間は2010年5月26日から7月15日まで。決済の開始日は7月30日。

関連の記事

中国企業による日本企業のM&A -ハイアール、三洋電機の白物家電事業を買収-

中国企業による日本企業のM&A -ハイアール、三洋電機の白物家電事業を買収-

2017/08/08

中国企業のM&A戦略について、特に日本企業と関連する部分にスポットを当て紹介する新連載がスタート。第1回は、ハイアール(Haier)による三洋電機の白物家電事業の買収事例を紹介する。

パナソニックの礎を築いた松下幸之助のM&A。そのDNAは目覚めるか?

パナソニックの礎を築いた松下幸之助のM&A。そのDNAは目覚めるか?

2017/07/23

過去にM&Aを巧妙に使って巨大なビジネス帝国を築いた企業がある。そう聞いてすぐに企業名を言い当てられるだろうか。答えは、パナソニックとしてブランドを押し出している会社、旧・松下電器産業だ。今回は松下幸之助が手がけたM&Aと現在のパナソニックの成長に合併・買収が果たした役割を見てみよう。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5