京セラは三洋電機の携帯電話事業を会社分割により取得することを決議した。譲り受けるのは携帯電話やPHS、無線通信システムなどの開発・製造、販売が対象で、同事業部門の直近売上高は2773億円。

京セラは通信機器関連事業を主力事業の1つと位置付けている。三洋電機が保有する国内や北米での強固な顧客基盤を取り込み、同市場での競争力を強化する。また三洋電機の優れた開発力、設計技術を自社の経営資源と融合することにより魅力ある商品開発を目指す。

譲渡価額は未定。譲渡予定日は2008年4月1日。