FDKは、三洋電機傘下で電池事業を営む2社の全株式を取得し子会社化することを決めた。対象となるのはニッケル水素電池事業を手がける三洋エナジートワイセル(群馬県高崎市。売上高298億円、営業利益4億4900万円、純資産26億8000万円)と、円筒形リチウム一次電池・コイン型二次電池事業を手がける三洋エナジー鳥取(鳥取県岩美町。売上高89億9000万円、営業利益△4900万円、純資産5億7500万円)。

FDKはアルカリ電池が主体の電池事業に2社を加えることで製品ラインナップを拡充し、同事業の強化を図る。三洋電機はパナソニックによるTOB(株式公開買い付け)に向けた各国の競争法当局との協議に基づき、三洋電機の事業の一部を第三者に譲渡することが必要となっていた。

取得価額は三洋エナジートワイセルが33億6000万円、三洋エナジー鳥取が30億4000万円。取得予定日は未定。