M&A速報

FDK<6955>、三洋電機<6764>傘下の電池子会社2社を買収

2009/10/28

FDKは、三洋電機傘下で電池事業を営む2社の全株式を取得し子会社化することを決めた。対象となるのはニッケル水素電池事業を手がける三洋エナジートワイセル(群馬県高崎市。売上高298億円、営業利益4億4900万円、純資産26億8000万円)と、円筒形リチウム一次電池・コイン型二次電池事業を手がける三洋エナジー鳥取(鳥取県岩美町。売上高89億9000万円、営業利益△4900万円、純資産5億7500万円)。

FDKはアルカリ電池が主体の電池事業に2社を加えることで製品ラインナップを拡充し、同事業の強化を図る。三洋電機はパナソニックによるTOB(株式公開買い付け)に向けた各国の競争法当局との協議に基づき、三洋電機の事業の一部を第三者に譲渡することが必要となっていた。

取得価額は三洋エナジートワイセルが33億6000万円、三洋エナジー鳥取が30億4000万円。取得予定日は未定。

M&Aデータベース

関連の記事

中国企業による日本企業のM&A -ハイアール、三洋電機の白物家電事業を買収-

中国企業による日本企業のM&A -ハイアール、三洋電機の白物家電事業を買収-

2017/08/08

中国企業のM&A戦略について、特に日本企業と関連する部分にスポットを当て紹介する新連載がスタート。第1回は、ハイアール(Haier)による三洋電機の白物家電事業の買収事例を紹介する。

パナソニックの礎を築いた松下幸之助のM&A。そのDNAは目覚めるか?

パナソニックの礎を築いた松下幸之助のM&A。そのDNAは目覚めるか?

2017/07/23

過去にM&Aを巧妙に使って巨大なビジネス帝国を築いた企業がある。そう聞いてすぐに企業名を言い当てられるだろうか。答えは、パナソニックとしてブランドを押し出している会社、旧・松下電器産業だ。今回は松下幸之助が手がけたM&Aと現在のパナソニックの成長に合併・買収が果たした役割を見てみよう。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア