そごう・西武の売却で優先交渉しているフォートレス・インベストメントとは

alt
西武池袋本店

セブン&アイ・ホールディングス<3382>が売却を検討する百貨店そごう・西武(東京都豊島区)の優先交渉権を、米フォートレス・インベストメント・グループ(ニューヨーク州)が得たと報じられています。日経新聞は提示額について2,000億円を大きく超えた模様だとしています。

フォートレスは2017年12月にソフトバンクグループ<9984>が3,729億円で買収。ニューヨーク証券取引所において上場廃止となりました。フォートレスはバイアウト投資を得意とするものの、日本においては不動産を中心に活発な投資をしています。

フォートレス・インベストメント・グループとはどのような会社なのでしょうか?この記事では以下の情報が得られます。

・フォートレスの概要
・西武とそごう売却の背景と経緯

買収後もソフトバンクグループからの独立性は保持

フォートレス日本法人の本社がある六本木ヒルズ森タワー(東京都港区)

フォートレスは1998年1月に資産運用会社のブラックロック(ニューヨーク州)出身のウェスリー・エデンズ氏と、スイス最大の銀行であるUBS(チューリヒ)出身のロバート・カウフマン氏、ランダル・ナードン氏によって設立されました。2017年9月30日時点で361億ドル(約4兆793億円 ※当時の1ドル113円で換算)の資産を運用しています。クレジット、不動産、普通株式、未公開株式の分野で、1,750以上の機関投資家と個人投資家の資産管理を行っています。

バイアウト投資の注力領域として、金融サービス、輸送・物流、ヘルスケア、エネルギー・インフラを挙げています。主な投資先に運輸業のフロリダイーストコーストインダストリーズ(フロリダ州)があります。フォートレスは、2017年3月にフロリダイーストコーストの鉄道貨物事業を21億ドルでグルポ・メヒコ(メキシコシティ)に売却しました。

ソフトバンクグループの買収後、フォートレスは英国最大のワイン専門店マジェスティック・ワイン(ワトフォード)の小売事業を9,500万ポンドで買収しています。

ソフトバンクグループは当初、フォートレスの買収によって専門的な投資知識を吸収したうえで、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの運用に生かす計画を立てていました。しかし、対米外国投資委員会はソフトバンクグループの業務関与を制限することを決定。ソフトバンクグループはそれに同意し、買収後もフォートレスは独立性を保ってきました。ソフトバンクグループは中国のEC最大手アリババグループの筆頭株主であり、対米外国投資委員会は中国との関係を警戒していたと言われています。

なお、2021年11月にソフトバンクグループがフォートレスの売却を検討しているとブルームバークが報じていますが、今のところそのような動きは確認できていません。

フォートレスの日本法人の代表を務めているのが、山下明男氏。一橋大学経済学部卒業、ハーバード大学ケネディスクール修士課程修了後、日本開発銀行(現:日本政策投資銀行)に入行。プロジェクトファイナンスや都市再生ファンドなどを担当しました。2006年1月にモルガン・スタンレー証券(現:モルガン・スタンレーMUFG証券)に入社。2008年6月にフォートレス・インベストメント・グループに転籍しています。2013年3月に代表に就任しました。

フォートレスは2020年9月にレオパレス21<8848>に総額572億円の出資と融資を実行しました。山下氏はレオパレス21の取締役も務めています。

ユニゾのホワイトナイトとなるもローン・スターに敗北

フォートレスの知名度を一躍高めることになったのが、2020年6月にEBO(エンプロイー・バイアウト=従業員による買収)で上場廃止となったユニゾホールディングス(横浜市)の買収合戦。ビジネスホテルを運営するユニゾは、2019年7月にエイチ・アイ・エス<9603>に56%ものプレミアムをのせた1株3,100円で敵対的TOB仕掛けられました。これに対してユニゾはTOBに反対することを表明し、8月にホワイトナイトとしてフォートレスが登場。1株4,000円でのTOBを発表しました。ユニゾはそれに賛同します。

ユニゾ株はエイチ・アイ・エスのTOB価格を上回る事態となり、敵対的買収は失敗しました。その後、ブラック・ストーン(ニューヨーク州)がTOBを提案(実行せず)したほか、ローンスター(テキサス州)もユニゾの従業員とともに立ち上げたチトセア投資がTOBを発表。ユニゾは賛同していたフォートレスのTOBに一転して反対を表明し、買収合戦は混乱を極めました。

チトセア投資の1株6,000円が決定打となり、2020年4月に買収が成立。日本の上場企業でEBOが成立したのは、これが初めてです。

ローンスターはチトセア投資の買収資金、2,060億円を提供していました。EBOは成立しましたが、新型コロナウイルス感染拡大でホテルの客室稼働率は急降下し、ユニゾの収益性は悪化しました。ユニゾはローンスターから調達した資金を返済するため、手持ちの不動産を次々と売却。ユニゾ債の格付けはジャンク債同然のものとなりました。

ユニゾは経営の独立性を保ったものの、その先に待ち受けていた現実があるべき姿だったのかどうかは疑問が残ります。

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

高島屋、自社物件の立川店から撤退!進む百貨店の「不動産業化」

高島屋、自社物件の立川店から撤退!進む百貨店の「不動産業化」

2022-04-15

高島屋が立川高島屋ショッピングセンター内に出店する「高島屋立川店」の営業を2023年1月に終了する。同店は2018年に同店の売場を縮小し、専門店を誘致して現在のショッピングセンターにリニューアルした。百貨店事業から撤退した高島屋の狙いは?

関連のM&A速報