ついにソニーが!過去最大の第7波襲来でも消える「コロナ特需」

alt
コロナ禍に伴う「巣ごもり需要」で販売を伸ばした家庭用ゲームの販売にも陰りが…(写真はイメージ)

ついにソニーも脱落か?ソニーグループ<6758>が7月29日、2023年3月期の業績予想を下方修正し、連結営業利益を前期比8%減の1兆1100億円と従来予想から500億円ほど引き下げた。理由は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴う「巣ごもり需要」で売り上げを伸ばしたゲーム市場の縮小だ。

ゲーム、料理配送、ホームセンターで「特需消滅」

営業減益の要因はゲーム事業の不振。同事業の営業利益予想は同26%減の2550億円と、従来予想を500億円下回る見通し。2022年4~6月期のゲームソフト販売は同26%減の4710万本。同期の家庭用ゲーム機「プレイステーション5」の販売台数は240万台と、1年の4分の1(25%)を過ぎた時点にもかかわらず、年間販売計画(1800万台)の約13%に留まった。

同期で気を吐いたのは音楽部門と映画部門で、いずれも増収増益となった。しかし、全世界でインフレによる景気低迷が鮮明になっており、スマートフォンの買い替え需要が減退すれば稼ぎ頭の一つである内蔵カメラ用イメージセンサー部門の収益が落ち込む可能性もある。

コロナ禍に伴う外出制限や飲食店の休業で注目された料理宅配代行サービスの出前館<2484>は、2022年8月期第3四半期に295億3600万円の純損失を計上した。宣伝広告費やコロナ自粛からの経済回復のあおりを受けた人手不足に伴う配達員の業務委託費の増加で損失が膨らんでいる。同業のウーバーイーツも利用者が減少しているという。

NEXT STORY

上場企業による子会社・事業の売却件数が4年ぶりに減少 コロナ感染拡大で再び増加も

上場企業による子会社・事業の売却件数が4年ぶりに減少 コロナ感染拡大で再び増加も

2022/07/22

M&A Online編集部がM&Aデータベースで、2022年1-6月の上場企業による子会社・事業の売却案件(適時開示ベース)を集計したところ、件数は124件で、2021年1-6月の168件から4分の1ほど減った。

関連のM&A速報