M&A速報

夢の街創造委員会<2484>、通信販売業の薩摩恵比寿堂を子会社化

2013/05/17

夢の街創造委員会は、通信販売業の薩摩恵比寿堂(鹿児島市。売上高19億3000万円、営業利益7040万円、純資産2億6300万円)の株式を取得し、完全子会社化することを決議した。

薩摩恵比寿堂は、機動的なコールセンターを運営し、高品質な焼酎を中心に飲食店向けの通販事業を展開している。夢の街創造委員会は薩摩恵比寿堂が有するコールセンター基盤、通販マーケティングのノウハウを活用し、一層の販路拡大とユーザーの利便性向上を図る。

取得価格は7億8000万円。取得予定日は2013年5月17日。

M&Aデータベース

関連の記事

出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

2021/11/21

フードデリバリーサービスの出前館は11月12日、資本金を約550億円減少し1億円に減資すると発表した。資本金の額のみ減少し、減少分をその他資本剰余金に振り替える。

配達員の手数料が重くのしかかる「出前館」先行投資で赤字拡大

配達員の手数料が重くのしかかる「出前館」先行投資で赤字拡大

2021/07/09

出前館の2021年8月期第3四半期売上高は前期比171.0%増の184億9,300万円となったものの、129億円もの営業損失を計上し、純損失は147億円となりました。同社は配達員のインセンティブを高めに設定しており、先行投資ともいえる戦略で赤字が膨らんでいます。

Uberが「虎の子」貨物事業の優先株で5億ドルを調達した理由

Uberが「虎の子」貨物事業の優先株で5億ドルを調達した理由

2020/10/06

米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズは貨物事業であるウーバーフレイトの優先株を発行し、5億ドル(約530億円)を調達した。ウーバーは長期化するコロナ禍でも利益を出せる「虎の子」の貨物事業の優先株を、なぜ第三者に手渡してしまったのか?

緊急事態宣言で「出前館」などのデリバリー業界に活発な動き

緊急事態宣言で「出前館」などのデリバリー業界に活発な動き

2020/04/08

緊急事態宣言が出されたことを受け、料理の宅配を巡る動きが活発化してきた。外出の自粛が一段と強く要請されるのに伴い、宅配需要が増大するとみられるためで、飲食店の生き残り策の一つとして宅配ビジネスに注目が集まりそうだ。

朝日新聞と出前館、飲食宅配代行の業務提携を打ち切りへ

朝日新聞と出前館、飲食宅配代行の業務提携を打ち切りへ

2019/12/19

朝日新聞社と出前館は、宅配代行事業に関する業務提携を2020年6月に解消する。「ASA」の名称で知られる朝日新聞販売店の配達ネットワークを活用し、飲食店の出前を代行する協業を進めてきたが、提携から3年を機に契約終了を決めた。

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

2019/05/10

小僧寿しが10億5700万円の債務超過に陥りました。上場廃止猶予期間に突入し、今年中に債務超過状態を解消できなければ上場廃止に。債務超過のデリズを2億8000万円相当の株式交換で買収。それが仇となりました。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5