トヨタ「レクサス」に続け!日産、ポスト「シーマ」次の一手

alt

日産自動車<7201>の高級セダン「シーマ」が、今年の夏をめどに生産中止することが明らかになった。「シーマ」と言えば、バブル景気を代表する高額商品として注目された。しかし、バブル崩壊後はレクリエーショナルビークル(RV)ブームや、ドイツ車など輸入高級車の本格参入で販売が低迷していた。とはいえ国産高級車市場が消滅するわけではない。「次のステップ」が目前に迫っているのだ。

高級車市場を開いた「シーマ」だったが…

「シーマ」が登場するまでは、新車のラインナップは単純だった。たとえばバブル前の国産高級セダンとしてはトヨタ自動車<7203>の「クラウン」や日産の「セドリック」が存在していた。それは各メーカーの「最も高い乗用車」と位置づけだった。トヨタ、日産にはさらに上位の「センチュリー」や「プレジデント」が存在したが、いずれも法人向けの商品であり、所有者が自ら運転する一般向けの乗用車とはカテゴリーが違う。

一般向けの乗用車として大衆車とは一線を画する「高級車」ブランドを初めて打ち出したのが「シーマ」だった。バブル経済真っ盛りの1988年に発売されると、たちまち大ヒット車に。「高いものほど売れる」という当時のトレンドは「シーマ現象」と呼ばれ、バブルの象徴的な存在となった。

トヨタも黙ってはいない。1989年に北米で高級車ブランド「レクサス」を立ち上げ、2005年には日本でも展開している。こうして国産高級セダンブームにわいた日本だったが、バブル崩壊で市場は冷え込んだ。火付け役だった「シーマ」も2010年に生産を一旦終了する。2012年に再登場したが販売台数は伸びず、兄弟車の「フーガ」と共に姿を消すことになった。

「シーマ」の生産中止の理由は販売台数の伸び悩みと同時に、搭載エンジンでは新たな騒音規制に対応できないという環境問題も抱えていた。そこに日産の「高級車復活」に向けたカギがあった。今年発売する同社2台目となるEV専用車「アリア」だ。EVは温暖化ガスとなる二酸化炭素(CO₂)を排出しないだけでなく、騒音も小さい。

日産が今年発売するSUV型EV「アリア」

NEXT STORY

【横浜ゴム】M&Aで「巨人」と「新興メーカー」に立ち向かう

【横浜ゴム】M&Aで「巨人」と「新興メーカー」に立ち向かう

2022/03/31

横浜ゴムは国内3位、世界8位のタイヤメーカーだ。とはいえ国内首位のブリヂストンとは売上高で5倍以上の開きがある。半ば装置産業であるタイヤ製造ではスケールメリットが物を言う。巨大なライバルとどう戦うのか?そこでチャレンジしたのがM&Aである。

関連のM&A速報