1000億円の大台割れ 今年1-6月のヘルスケア業界のM&A

alt
ヘルスケア業界の上半期M&Aは6年ぶりに1000億円の大台割れに(写真はイメージ)

2022年前半のヘルスケア業界(医薬品、調剤薬局・ドラッグストア、医療サービス)のM&Aは、件数・取引金額ともに低迷した。

6年ぶりに取引金額1000億円の大台割れ

M&A Online編集部がM&Aデータベースで、同業界の2022年1-6月のM&A発表案件(適時開示ベース)を集計したところ件数は11件と前年同期より3件少なく、2020年以来3年連続の減少となった。1-6月としては2013年以降の10年間で、最低の10件だった2018年に迫る下から2番目に低迷している。

取引金額も2年ぶりの減少に。前年同期比77.6%減の482億165万円と、大幅減になった。過去10年間では2013年の約225億円、2016年の約268億円に次ぐ下から3番目に終わっている。1000億円の大台を下回るのは2016年以来6年ぶりだ。

昨年2件あった500億円を超える大型案件が、今年はなかったのが響いた。比較的大口が多い医薬品業界のM&Aが昨年の3件から今年は1件に減少したのも影響している。

NEXT STORY

【ヘルスケア】2021年のM&A取引金額ベスト3は?

【ヘルスケア】2021年のM&A取引金額ベスト3は?

2021/12/29

2021年のヘルスケア業界におけるM&Aでの取引金額トップは帝人が武田薬品から4製品の製造販売承認を取得した案件、2位は新薬開発のEPSHDがMBOで株式を非公開化した案件、3位はMBKパートナーズが介護のツクイHDのTOBを実施した案件。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5