M&A速報

夢の街創造委員会<2484>、子会社デリズを譲渡

2017/04/25

宅配サービスサイト「出前館」を展開する夢の街創造委員会は、臨時取締役会において連結子会社で宅配飲食業等を展開するデリズ(売上高:2億円、経常利益:△4百万円、純資産:△3億円)の発行済み株式51%をデリズの代表取締役である井土朋厚氏に対して譲渡することを決議した。

本取引により、デリズは夢の街創造委員会の連結子会社から除外されるが、「出前館」の取引先として今後も協力体制を維持する。

株式譲渡価額は、1千万円。

株式譲渡予定日は、平成29年4月25日。

関連の記事

Uberが「虎の子」貨物事業の優先株で5億ドルを調達した理由

Uberが「虎の子」貨物事業の優先株で5億ドルを調達した理由

2020/10/06

米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズは貨物事業であるウーバーフレイトの優先株を発行し、5億ドル(約530億円)を調達した。ウーバーは長期化するコロナ禍でも利益を出せる「虎の子」の貨物事業の優先株を、なぜ第三者に手渡してしまったのか?

緊急事態宣言で「出前館」などのデリバリー業界に活発な動き

緊急事態宣言で「出前館」などのデリバリー業界に活発な動き

2020/04/08

緊急事態宣言が出されたことを受け、料理の宅配を巡る動きが活発化してきた。外出の自粛が一段と強く要請されるのに伴い、宅配需要が増大するとみられるためで、飲食店の生き残り策の一つとして宅配ビジネスに注目が集まりそうだ。

朝日新聞と出前館、飲食宅配代行の業務提携を打ち切りへ

朝日新聞と出前館、飲食宅配代行の業務提携を打ち切りへ

2019/12/19

朝日新聞社と出前館は、宅配代行事業に関する業務提携を2020年6月に解消する。「ASA」の名称で知られる朝日新聞販売店の配達ネットワークを活用し、飲食店の出前を代行する協業を進めてきたが、提携から3年を機に契約終了を決めた。

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

2019/05/10

小僧寿しが10億5700万円の債務超過に陥りました。上場廃止猶予期間に突入し、今年中に債務超過状態を解消できなければ上場廃止に。債務超過のデリズを2億8000万円相当の株式交換で買収。それが仇となりました。

M&A速報検索

クリア