件数、金額ともに2年ぶりの減少に 今年1-6月の製造業M&A

alt
製造業の上半期M&Aは2年ぶりに振るわず(写真はイメージ)

2022年前半の製造業のM&Aは、件数・取引金額ともに振るわなかった。M&A Online編集部がM&Aデータベースで、製造業の2022年1-6月のM&A発表案件(適時開示ベース)を集計したところ、件数は99件と前年同期より2件少なく、2年ぶりの減少に。1-6月としては2013年以降の10年間で、101件だった2015年と2021年、100件だった2019年に次ぐ4番目だった。

大型M&Aの大幅減で、取引金額伸び悩む

取引金額も前年同期比56.9%減の約1兆936億円と、2年ぶりの減少に。直近の10年間では7番目と冴えない結果に。前年同期に6件あった1000億円を超える大型M&Aが今年はわずか2件しかなく、前年同期に3件あった3000億円超の案件が今年はなかった。件数の減少はわずかだったが、大口案件の減少が響いている。

急激な円安に伴う原材料費や燃料費の値上がり、ポストコロナをにらんだ求人合戦に伴う人手不足など、製造業を取り巻く状況は一転、厳しくなってきた。こうした不透明な状況を受けて、製造業が多額の資金を必要とする大口のM&Aに二の足を踏ませた可能性がある。

一方で件数はそれほど減っていないことから、まさにこうした「不透明な状況」を乗り切るためにもM&Aが必要との判断も働いていると見られる。当面は「値ごろ感」がある中・小口のM&Aで、堅実な業容拡大を狙う企業が増えそうだ。

NEXT STORY

都内中小製造業、事業承継希望の半数が後継者未定|東京都調査

都内中小製造業、事業承継希望の半数が後継者未定|東京都調査

2022/06/23

東京都が都内中小製造業者に実施したアンケート結果によると、事業承継を希望する企業の半数超で現実的な後継者が決まっていない実態が明らかになった。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5