閉店ラッシュ?「高級パンブーム終焉」の意外な真実と、これから

alt
「行列で並んでも買いたかった」高級食パンも今や…(写真はイメージ)

一世を風靡(ふうび)し、店頭に長蛇の列ができるほど活況を呈していた高級食パン業界に「逆風」が吹いている。1斤で1000円近くするプレミアム食パンを販売するベーカリーの閉店が相次いでいるというのだ。果たして「高級食パンブーム」は本当に終わったのか?これからベーカリー業界で何が起こるのか?

実は「まだ増え続けている」ベーカリー

まずは「高級食パン業界」に「逆風」が吹いているのは本当なのか?民間調査サイトの「開店閉店」によると、ベーカリーでは3月5日から4月4日までの1カ月間に「開店」が66店舗に対して「閉店」は16店舗。1カ月間で50店舗の純増となった。すべての開閉店を網羅(もうら)しているわけではないが、傾向として現在も旺盛な出店意欲がうかがえる。

とはいえ新規参入の増加で市場が飽和し、競争が激化しているのは事実だ。高級食パン専門ではないが、2月に関東私鉄大手の小田急グループが子会社の北欧トーキョーが運営するベーカリー「HOKUO」の全39店舗を閉店(うち10店舗はドンクへ譲渡)。同月には2021年11月に営業停止していたベルベ(神奈川県大和市)が横浜地裁に自己破産を申請して倒産している(一部店舗は元従業員が営業を再開)。

積極出店が裏目に出て人気ベーカリーながら倒産したベルベ(同社ホームページより)

しかし、こうした「逆風」は業界では周知の事実だった。帝国データバンクが2020年2月に発表した「パン製造小売業者の倒産動向調査(2019年)」によると、2019年に同業者の倒産は前年比2.1倍の31件と、調査を開始した2010年以降で最多となっている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行前から、ベーカリーの淘汰は進んでいたようだ。つまり高級食パンを含む「ベーカリーの危機」は最近の話ではなく、とうに始まっていたのである。

負債金額では「5000万円未満」が22件と小規模倒産が7割で、30年以上の社歴がある老舗業者が11社と全体を3割以上を占める。古くから運営している小規模な「町のパン屋さん」が過当競争に敗れている構図が浮き彫りになった。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

好調続く「しまむら」「西松屋」過去最高益を更新

好調続く「しまむら」「西松屋」過去最高益を更新

2022-04-06

コロナ禍の中、婦人服や子供服などを手がける、しまむら<8227>と、ベビー服や子供服を手がける西松屋チェーン<7545>の業績が好調だ。両社ともに2022年2月期に過去最高益を上げ、2023年2月期も最高益を更新する見込みだ。