トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >新規上場したソフトバンク傘下の「レモネード」って、どんな会社

新規上場したソフトバンク傘下の「レモネード」って、どんな会社

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

ソフトバンクグループ<9984>が出資する米オンライン住宅保険のレモネードが、2020年7月2日の米ニューヨーク証券取引所で新規上場(IPO)を果たし、一時は公開価格の2.4倍となる70.80ドル(約7612円)にまで高騰。順調な滑り出しとなった。

フィンテックで保険を「再定義」

米ウィーワークや独ワイヤーカードなどで相次いだ不祥事により、投資先の「目利き」に疑問符がついていたソフトバンクグループにとっては久々の明るいニュースだ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY