menu
Social media

ビジネス

2016年1-9月「老人福祉・介護事業」の倒産状況

Cover d1338849 f449 4c9d aed2 138d5b304762

公開日付:2016.10.07

2016年1-9月「老人福祉・介護事業」の倒産状況

2015年4月の介護報酬改定から1年が経過したが、2016年1-9月の「老人福祉・介護事業」倒産が累計77件に達した。すでに9月時点で2000年1月から調査を開始して以来、最多だった前年(1-12月)の76件を上回り、年間最多記録を更新した。

負債5千万円未満の小・零細規模が68.8%、設立5年以内が46.7%を占め、小規模かつ新規事業者を中心に倒産を押し上げている。また、事業計画が甘い安易な起業だけでなく、本業不振による異業種からの参入や過小資本のFC加盟社などの倒産も発生している。

業界の大きな課題となっている介護職員の人手不足の解消が難しい中で、成長産業として注目されてきた老人福祉・介護業界に淘汰の動きも出てきた。
※調査対象の「老人福祉・介護事業」は、有料老人ホーム、通所・短期入所介護事業、訪問介護事業などを含む。

2016年1-9月の倒産は年間最多の77件

2016年1-9月の老人福祉・介護事業の倒産は77件(前年同期比35.0%増、前年同期57件)に達し、これまで年間最多だった2015年の76件を9月時点で上回った。負債総額も82億9,600万円(同62.7%増、同50億9,600万円)と前年同期を上回った。
負債10億円以上が2件(前年同期ゼロ)に対し、負債5千万円未満は53件(前年同期比39.4%増、前年同期38件、構成比68.8%)と大幅に増え、倒産は小規模事業者を中心にしている。

老人福祉・介護事業の倒産 年次推移

【次のページ】倒産最多は「通所・短期入所介護」と「訪問介護」

TSR

NEXT STORY

アメリカンアパレルが日本撤退。全店舗閉鎖へ

アメリカンアパレルが日本撤退。全店舗閉鎖へ

アメリカンアパレル(通称アメアパ)が日本撤退の方針を決めた。ネット通販は既に終了しており、全店舗も閉鎖する。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544