Zeitgeist 半導体 2016
~買収で振り返る半導体業界2016~

2016年は、2015年に引き続き半導体業界は買収に揺れた一年であった。2015年程ではないが、2016年の大きな買収のニュースが何件も発表され、業界の再編が進んでいる。

2016年の最後に、2015年、2016年に起きた半導体業界の再編を、買収報道を振り替えりながら振り返ってみよう。

2015年は過去最大の半導体買収が起きた年、2016年はそれに継ぐ規模

関連リンク 2016年における半導体産業のM&A総額、5兆円を突破 - IC Insights(マイナビニュース)

上記の資料によると、2015年の半導体買収額は全体で1038億ドルとなっており、2016年では上記の記事が書かれた2016/09/27の時点で553億ドルとなっている。 やはり2015年の買収総額が群を抜いているが、2016年の過去の買収額から比較すると、かなり大きな数字だ。

上記の記事が書かれてから、大きな買収が起きたのはSiemensがMentor Graphicsを買収したくらいだと思っているので、やはり2015年が最大の半導体事業の買収が起きた年であったと言える。

ただし、2016年の買収は、2015年の買収と同じレベルの、大きな衝撃を持ったものも存在する。