第一三共は、ドイツのバイオ企業U3 Pharma AG(ミュンヘン市)の全株式を取得し、子会社化すると発表した。

U3 Pharma AGは2001年に設立され、がん領域の創薬事業に強みを持つ。第一三共は同社を取り込むことで、臨床試験入り間近の2つの有望ながん領域抗体を獲得する。また、ドイツの有力研究機関であるMax Planck研究所との連携を通じてがん事業の拡充を図りたいとしている。

取得価額は約245億円。取得予定日は非公表。