menu
Social media

ビジネス

旅行業界でM&Aが活発化 「オンライン」「旅ナカ」に熱視線

Cover 153086ae b1f7 46de 9c44 78f5eea46c05
写真はイメージです

 2016年も残すところあと1ヶ月半。そろそろクリスマスや年末年始の休暇に向けて旅行を計画する人も多いのではないでしょうか? 暖かいハワイなど海外に行くもよし、国内の温泉やウインタースポーツを楽しむのもよいですよね。

 旅行に行くときにお世話になるサービスといえば旅行会社です。昔はJTBに代表される旅行会社の店頭に行って、様々なパンフレットも参考に申し込むのが一般的でした。いまではインターネットやスマートフォンを使って自宅にいながらでも簡単に旅行の予約ができるようになりましたよね。

 そんな旅行業界で今、M&Aが活発になっています。業界で注目されているキーワードが2つあります。「オンライン」と「旅ナカ」です。

 旅行商品は、鉄道や飛行機などの交通手段、ホテルや旅館などの宿泊施設、そして旅行途中にする観光や体験などのアクティビティーという3つの要素で構成されています。

 飛行機やホテルは基本的にどこの会社で予約しても、サービス内容に大きな差はありません。だとすれば重要になるのが価格です。各社はIT(情報技術)を活用して人手をかけずに宿泊施設や交通手段を予約できるサイトを構築。店頭よりもオンラインで予約する方が旅行費用を抑えられることが多いため、オンラインで予約する旅行者が増えています。

 オンラインに特化する旅行代理店はOTA(online travel agent)と呼ばれます。国内では楽天トラベル、一休、「じゃらん」などを運営するリクルートライフスタイルなどが有名です。海外からはエクスペディア、ホテルズドットコムなどが日本に進出し、競争が激しくなっています。

 こうした中、JTBやエイチ・アイ・エスなどは自社でもオンラインの対応を強化する一方で、OTAとの差別化を図る動きも強まってきました。その1つが「旅ナカ」、すなわち、観光や体験などのアクティビティー専門会社へのM&Aです。

 まず動いたのはJTBです。2015年5月、体験・アクティビティー予約サイト大手のアソビュー(東京・渋谷)に出資しました。JTBグループがITベンチャーに出資したのは初めてのこと。アソビューは全国各地の様々な遊びや体験を予約できるサイトを運営しており、JTBは同社との提携で、現地に到着してから楽しむ観光体験・レジャーなどの旅ナカを強化する考えです。

 エイチ・アイ・エスも負けていません。2016年3月にインデックス(東京・品川)からアクティビティー予約サイト「アクティビティジャパン」を買収して子会社化しました。アクティビティジャパンの英語サイトと世界64カ国のHISの営業拠点、WEBサイトが連携し、訪日外国人向け商品の販売も強化します。

業界動向

関連のM&Aニュース

エイチ・アイ・エス<9603>、カナダのツアーオペレーター会社を子会社化

ヤフー<4689>、ジャパンネット銀行を子会社化

エイチ・アイ・エス<9603>、Group MIKI Holdings Limitedの株式を追加取得

エイチ・アイ・エス<9603>、Green World Hotelsの第三者割当増資引受

ディー・エヌ・エー<2432>、「DeNAショッピング」及び「auショッピング」を会社分割により譲渡

アストマックス<7162>、連結子会社の株式の一部をヤフー<4689>に譲渡

ヤフー<4689>、イーブックイニシアティブジャパン<3658>を公開買付けにより連結子会社化

ヤフー<4689>、一休<2450>を公開買付けへ

ディー・エヌ・エー<2432>、横浜スタジアムを公開買付けへ

ヤフー<4689>、連結子会社カービュー<2155>を公開買付。

ヤフー<4689>、シナジーマーケティング<3859>を公開買付け

ヤフー<4689>、クレジットカード会社を228億円で買収。

ヤフー<4689>、サイバーエージェントFXを買収。

ヤフー<4689>、カービュー<2155>株式を取得し子会社化。

エイチ・アイ・エス<9603>による九州産業交通ホールディングスの公開買付が終了

ヤフー<4689>、Bharti グループとインドで共同事業を開始。

ディー・エヌ・エー<2432>による横浜ベイスターズの株式取得が完了。

ディー・エヌ・エー<2432>、横浜ベイスターズの株式取得。

ディー・エヌ・エー<2432>、チリのゲーム開発会社買収。

ディー・エヌ・エー<2432>、ベトナムのゲーム開発会社買収。

ディー・エヌ・エー<2432>、情報技術ベンチャー企業のブロードテイルを子会社化。

ディー・エヌ・エー<2432>、モバコレを千趣会<8165>に譲渡

ディー・エヌ・エー<2432>、米国ngmoco, Inc.を買収

ディー・エヌ・エー<2432>、米子会社を通じて米国Gameview Studio, LLCを買収、子会社化

エイチ・アイ・エス<9603>、ハウステンボスを子会社化

ディー・エヌ・エー<2432>、IceBreaker社の事業譲受及び株式譲受

ディー・エヌ・エー<2462>、米国Aurora Feintと資本業務提携

ヤフー<4689>、オーバーチュアを吸収合併

ディー・エヌ・エー<2432>、中国最大のモバイルSNS運営会社を子会社化

NEXT STORY

ベライゾン、ヤフー買収見直しか?

ベライゾン、ヤフー買収見直しか?

​ベライゾンが米ヤフー買収にあたって買収見直しを検討している模様です。買収後に発覚した個人情報流出の件が原因のようです。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c