ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

中小企業の「人手不足」解消されず 関連倒産調べ(2017年2月)

alt

「人手不足」関連倒産(2月)

公開日付:2017.03.08

企業倒産の低水準な推移が続くなか、中小企業を中心に人手不足が解消されていない。独立行政法人の労働政策研究・研修機構が実施した調査によると、人手不足が生じている企業に、人手不足が企業経営に及ぼず影響について質問したところ、「需要の増加に対応できない」や「技術・ノウハウの着実な伝承が困難になっている」「募集賃金の上昇や既存人材の処遇改善、時間外労働の増大等で人件費が増加している」等が回答が挙がり、企業経営に支障が出ていることがわかった。

東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計してきたが、主に代表者死亡や病気入院などによる「後継者難」型が中心だった。だが、人手不足感が解消されないなかで「求人難」型、「人件費高騰」関連などの推移が注目されている。

2017年2月の「人手不足」関連倒産は19件(前年同月23件)で、2014年2月(19件)以来3年ぶりに20件を割り込んだ。内訳は、代表者死亡や病気入院などによる「後継者難」型が18件(前年同月23件)、「従業員退職」型が1件(同ゼロ)だった。
このほか、人件費高騰による負担増から資金繰りが悪化したなどの「人件費高騰」関連倒産は、2月は4件(前年同月1件)発生した。

人手不足関連倒産

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

今から始めたい事業承継対策 深刻化する企業の後継者問題

今から始めたい事業承継対策 深刻化する企業の後継者問題

2017/02/16

企業の後継者問題(後継者不在)が深刻化している。東京商工リサーチによると、経営者の平均年齢は61.19歳。社長の年齢上昇に伴い業績が悪化する傾向も強まっている。