M&A速報

第一三共<4568>、ジェネリック注射剤事業の米ファルマフォースを子会社化

2010/01/06

第一三共は米国子会社を通じて、ジェネリック注射剤の販売・受託開発を手がける米国PharmaForce, Inc.(ファルマフォース、オハイオ州コロンバス。売上高19億4000万円)の全株式を2009年12月29日付で取得し、子会社化したと発表した。米国市場での製品ラインアップを充実し収益の拡大を目指す。取得価額は非公表。

ファルマフォースは1999年設立で、現在、ジェネリック注射剤20品目以上を自社ブランドで販売する。米国のジェネリック注射剤市場は、ブランド品の特許切れに伴う市場拡大が予測されている。

ファルマフォースを買収した米国子会社は、ヴェノファー(鉄注射剤)やジェネリック注射剤を取り扱うLuitpold Pharmaceuticals,

Inc.(ルイトポルド、ニューヨーク州)。第一三共グループは、2008年に買収したインド大手製薬会社のランバクシーを活用したグローバル経営を推進しているが、今回の子会社化により米国で注射剤製品を持たないランバクシーの事業を補完する。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2018年7月31日
長期収載品41製品
8,420
2
2011年3月1日
Plexxikon社
非公表
65,814
3
2010年1月6日
PharmaForce, Inc.
非公表
非公表
4
2011年6月28日
治験薬製造および製剤研究施設
非公表
5
2019年1月31日
高槻工場(新設会社)
37,600
6
2009年7月31日
静岡工場
非公表

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5