menu
Social media

ビジネス

2017年注目!酉年生まれの経営者5人

Cover 3ec58c21 9460 422c 9eb0 9d20c8fdb23a

2017年は酉(とり)年。株式相場の格言では「申酉(さるとり)騒ぐ」といわれ、申年に引き続いて値動きの荒い一年になるといわれています。そこで、そんないわれのある酉年に生まれた経営者の中から、M&A Online編集部が注目する人物を紹介します。干支同様に、今年の株式相場を上下に大きく動かすカギを握っているかも!? 彼らの動向から目が離せません!

■佐治信忠(1945年生まれ)/サントリーホールディングス代表取締役会長

2001年から2014年までサントリー4代目社長を務め、会長職に。一貫して同族経営を続けてきたサントリーでしたが、5代目となる現在の社長には同氏と親交が深い新浪剛史氏が就任しています。とはいえ、同族経営の強みである意思決定の速さは維持しているようです。
2014年のトップ交代のタイミングでも、「ジム・ビーム」で知られるビーム社を買収するという大型M&Aを行っています。サントリー自身は非上場企業ですが、その積極的なM&A戦略がどう市場に影響してくるか、注目です。

【サントリー】「やってみなはれ」M&Aの活用における意思決定力の重要性

<M&Aアーカイブス>

【サントリー】「やってみなはれ」M&Aの活用における意思決定力の重要性




■孫正義(1957年生まれ)/ソフトバンクグループ代表取締役社長

トランプ政権誕生の今年、「マサ」こと孫正義氏の動きには多くの注目が集まりそうです。昨年12月初旬、孫氏はトランプ氏との会談で、ソフトバンクグループ<9984>が4年間で米国に約5兆円を投資し、5万人の雇用を創出すると表明。昨年末には、早くもその具体的な施策として、同グループ傘下の米携帯電話大手「スプリント」と衛星通信のベンチャー「ワンウェブ」で、合計8000人を雇用するという計画が報じられました。ドナルドとマサの今後の関係も要チェックです!

【ソフトバンク】M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

<M&Aアーカイブス>

【ソフトバンク】M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか




■井阪隆一(1957年生まれ)/セブン&アイ・ホールディングス代表取締役社長

世間を騒がせた“お家騒動”の末、2016年5月に社長に就任した井阪氏。同年10月には、新体制で練られた「100日プラン」となる2018年2月期からの中期経営計画を発表しました。
同グループが2013年から掲げているオムニチャネル戦略をeコマース中心から店舗間のシナジー効果を目指すものへとシフトチェンジするといいます。 さらに、阪急百貨店や阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オー リテイリング<8242>との資本業務提携を発表。傘下のそごう神戸店、西武高槻店、そごう西神店に関わる事業をH2Oに引き継ぐ予定です。不振に陥っている事業を他社と協力してテコ入れし、経営資源を好調なコンビニエンスストア事業にシフトさせていく見通し。今年も新たな動きがありそうです。

関連のM&Aニュース

エイチ・ツー・オー リテイリング<8242>、セブン&アイ・ホールディングス<3382>と資本業務提携へ

エナリス<6079>、KDDI<9433>と資本・業務提携、KDDIは筆頭株主に

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、完全子会社の株式交換によるニッセンホールディングス<8248>の完全子会社化

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、米国のガソリン卸売事業を取得

日本たばこ産業<2914>、Natural American Spirit米国外たばこ事業を譲受け

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

日本たばこ産業<2914>、飲料自販機オペレーター事業子会社と飲料ブランドを譲渡へ

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

日本たばこ産業<2914>、米国の電子たばこ会社を買収

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、バーニーズジャパンを株式追加取得により完全子会社化

日本たばこ産業<2914>、英国の大手電子たばこブランドを買収。

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、子会社によるニッセンホールディングス<8248>に対する公開買付の開始を発表。

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、子会社によるダイイチとの業務・資本提携を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

エイチ・ツー・オー リテイリング<8242>、家族亭<9931>の株式に対する公開買付が終了。

エイチ・ツー・オー リテイリング<8242>、家族亭<9931>株式に対する公開買付を開始

日本たばこ産業<2914>、スーダン共和国及び南スーダン共和国で事業展開しているたばこ会社を買収。

KDDI<9433>によるウェブマネー<2167>への公開買付終了

KDDI<9433>、ウェブマネー<2167>の普通株式及び新株予約権を公開買付により取得

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

KDDI<9433>、JCOMの株式を取得し関連会社化

ぴあ<4337>とセブン&アイ・ホールディングス<3382>が業務・資本提携

センコー<9069>、エイチ・ツー・オーリテイリング<8242>の子会社2社を買収

NEXT STORY

トランプ大統領就任 米国でM&Aに動きそうな企業は?

トランプ大統領就任 米国でM&Aに動きそうな企業は?

1月20日、米国でトランプ大統領が就任する。大胆な減税やインフラ投資の拡大、規制緩和を掲げるトランプ氏の経済政策への期待を背景に今年は日本企業の対米M&Aが増えそうだ。どんな企業が米国でM&Aに動きそうなのか。


注目の記事

Thumb 1134c05f 3167 49d0 8054 850e187c25e8

【パナソニック】M&Aなどの戦略投資に1兆円

「2018年度に向けて(M&Aなどで)戦略投資として1兆円を投じる」 パナソニック<6752>の津賀一宏社長は2015年度の事業方針発表会で、こう高らかに宣言した。2011年に陥った業績不振から脱却し、創業100周年となる2018年からは再び成長軌道を描ける企業に変身させるのが狙いだ。これまで戦略投資は着実に実施しており、あとは現在の事業計画の最終となる2018年1年を残すのみとなった。パナソニックの成長力を左右する2018年のM&Aにはどのようなドラマが隠されているのか。投資家のみならず、多くの関係者の視線が自ずと集まる。

Thumb fdb0639d 10bc 4042 ad71 2177901e1c55
Thumb de51ba52 1959 4e55 a041 5403be07ad69
Thumb 3b3eed12 3389 40bd a9f9 fe69accc9586