サントリーの記事一覧

ワタミ渡邉会長の長男がCFO就任、事業承継への布石か

ワタミ渡邉会長の長男がCFO就任、事業承継への布石か

ワタミの事業承継が着々と進んでいます。4月1日、長男の将也氏が取締役CFOに就任し、渡邉会長、清水社長に次ぐ第3のポジションを揺るぎないものとしました。脱ワタミへと転換した清水体制でしたが、渡邉会長の復帰で和民色が再び強くなりました。

記事を読む
事業承継の羅針盤|編集部おすすめの1冊

事業承継の羅針盤|編集部おすすめの1冊

未上場会社の事業承継を成功に導くための指南書というのが本書の位置づけで、事業承継の成功事例と失敗事例を数多く紹介してある。

記事を読む
ラグビーワールドカップに選手を送り出す企業とは

ラグビーワールドカップに選手を送り出す企業とは

日本ラグビーフットボール協会のホームページで紹介されている日本チームのメンバーは31人で、いずれも企業のラグビーチームに所属している。どんな企業が日本代表選手を送り出しているのだろうか。

記事を読む
非上場にもすごい企業が 巡ってみては

非上場にもすごい企業が 巡ってみては

フリーマーケットアプリ大手のメルカリの上場が大きな話題を呼んでいるが、上場をしていない企業の中にも話題豊富な企業は数多くある。企業規模や業界の地位で、上場企業に引けを取らないものの、あえて非上場の道を選んでいるビッグカンパニーを紹介する。

記事を読む
サントリー 販売休止のウイスキー M&Aで販売再開か?

サントリー 販売休止のウイスキー M&Aで販売再開か?

サントリ―ホールディングス傘下のサントリースピリッツが6月以降、国産ウイスキーの「白州12年」「響17年」の販売を休止する。早急な販売再開が見込めない中、そんなに待てないという声に応えることができるのは”時間を買う”ことのできるM&Aだ。

記事を読む
クリスマス向け商品の勝敗はいかに。大手ビール4社の攻防

クリスマス向け商品の勝敗はいかに。大手ビール4社の攻防

大手ビール4社がクリスマス向けの期間限定商品をそろって投入。果たして勝敗は?

記事を読む
「オランジーナ」が3,000億円!サントリーが狙う大人炭酸市場

「オランジーナ」が3,000億円!サントリーが狙う大人炭酸市場

サントリーがフランスやスペインで長く愛され続けてきた果汁入り炭酸飲料『オランジーナ』を買収したのは2009年のこと。買収金額は3,000億円を越え、1980年代からM&A戦略に前向きだった同社にとっても大型の買収であり、当時、大いに注目を集めた。

記事を読む
2017年注目!酉年生まれの経営者5人

2017年注目!酉年生まれの経営者5人

2017年は酉年。株式相場の格言「申酉騒ぐ」にちなみ、今年の株式相場を大きく動かすかもしれない、酉年生まれの経営者5人をM&A Online編集部が勝手に選出!

記事を読む
伊藤園はお茶だけでない コーヒー・乳製品にも進出 M&A駆使し総合飲料メーカーへ

伊藤園はお茶だけでない コーヒー・乳製品にも進出 M&A駆使し総合飲料メーカーへ

「おーいお茶」で知られる伊藤園がM&Aを駆使して総合飲料メーカーへの脱皮を急いでいます。タリーズコーヒーの運営会社を買収したほか、乳製品市場にも進出しました。ただ大手2社と比べて規模は小さく、再編に巻き込まれるリスクも浮上しています。

記事を読む
ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ファミリーレストランのジョナサンはすかいらーくグループの子会社として設立され、順調に業績を伸ばしてきました。しかし、すかいらーくの業績悪化に伴い、2012年にジョナサンは親会社に吸収合併されました。約30年間ジョナサンに勤務した元社員が吸収合併の舞台裏を赤裸々に語ります。

記事を読む
【サントリー】「やってみなはれ」M&Aの活用における意思決定力の重要性

【サントリー】「やってみなはれ」M&Aの活用における意思決定力の重要性

サントリーHDは、1990年代に蒸留酒の低迷を受けて厳しい状況が続いていたが、「プレミアムモルツ」の大ヒット、ハイボールによるウイスキー人気の復活により業績を回復させる。その後、ビーム社の買収を始めとしたグローバル戦略にも注力し、増収増益させている。これらの戦略の成功には、非上場が故の「意思決定力」が功を奏している。「意思決定力」の重要性にフォーカスし、サントリーのM&A戦略を分析する。

記事を読む