エイチ・ツー・オーリテイリング(株)(以下「エイチ・ツー・オーリテイリング」)は、イズミヤ(株)(売上高3340億円、営業利益34億4000万円、純資産976億円、以下「イズミヤ」)を完全子会社とする株式交換を行うことに関する株式交換契約書を締結した。

本経営統合の背景と目的としては、共通の理念を持つ両社が、関西という地域の中で多様な業種業態、取扱商品群を揃えた総合小売りサービス業グループを構築することを目的として、対等の精神による経営統合を行うことが、両社の中長期の企業価値向上にとり最善の選択肢と考えるに至ったとしている。今後は、両社グループの小売インフラストラクチャーの再編成を行うとともに、両社独自のインフラを活用して、関西ならではの味・おいしさを追求するとのこと。また、両社あわせて約700万人のカード会員を軸に、更なる利便性の向上と宅配機能の強化等による生活者サービスの充実はもとより、阪急阪神東宝グループとの連携を通じた豊かな文化生活の創出等、お客様にご満足いただける品質と幅広い価格帯の商品やサービスを、様々な生活シーンで提供していくことを検討していくとしている。

株式交換比率はエイチ・ツー・オーリテイリング:イズミヤ=1:0.63。

株式交換契約締結日は2014年1月31日。

株式交換効力発生予定日は2014年6月1日。

なお、2014年5月28日にイズミヤは上場廃止予定。