エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は6月1日付で、イズミヤを株式交換により完全子会社すると発表した。イズミヤは5月28日付で上場廃止となる。関西で阪急・阪神百貨店事業を展開するH2Oと、同じく関西を中心にスーパーマーケットを運営するイズミヤが手を組み、同地域でのシェア拡大に取り組む。

両社は今後、共通ポイントサービスの展開や物流機能の統合によるコスト削減、宅配サービス事業の協業に、などを進める。

株式交換比率はH2O:イズミヤ=1:0.63で、イズミヤの普通株式1株に対してH2Oの普通株式0.63株を割り当てる。