■ 5.ウェスチングハウスの破綻と連結除外

話はこれで終わりません。2017年3月29日、ウェスチングハウスとS&Wを含む関係会社は、米国連邦倒産法に基づく再生手続を申立て、再生手続を開始しました。東芝が期限の2017年2月に第3四半期決算を公表できず、4月になってようやく公表した時点では、ウェスチングハウスが破綻していたということになります。
この結果、なんとウェスチングハウスとその関係会社は、東芝の連結対象外となりました。 東芝が採用する米国会計基準では、再生手続中の会社は、親会社との間に有効な支配従属関係が存在しないため、連結除外してよいというルールに基づくものです。

話がややこしくなりました。2016年12月の第3四半期決算で計上された7,166億円の減損はどうなるのでしょうか。そもそものれんの対象となる子会社が連結除外されたので減損を計上することもできません。

2016年12月の第3四半期報告書には、「ウェスチングハウスの連結除外により2,000億円の増益が見込める」と書かれています。2016年12月に計上した7,166億円の減損が消えることが増益の理由です。ただ、5月に発表された業績見通しでは、ウェスチングハウス関連の損失は1.3兆円になることが公表されています。発生する損失の内容は詳しくわかりませんが、この巨額損失を見ると大変なことになっていることが分かります。

■ 6.東芝の現状

このビズサプリ通信の執筆時点では、2017年3月期の有価証券報告書の提出期限の6月末を過ぎており、その提出期限が延期されている状況です。

2016年12月の第3四半期での東芝の純資産は299億円でした。その四半期報告書には、継続企業の前提(ゴーイング・コンサーン)に関する注記を記載しました。これは東芝が自らその事業継続に疑念があることを読者に注意喚起する記述です。

一方、東証は、2015年9月、東芝による過去5年度分の訂正報告書の提出を受けて、特設注意市場銘柄に指定しました。その1年半後の2017年3月には上場廃止となる恐れがあることから「監理銘柄(審査中)」に指定しました。現状、有価証券報告書が提出されていない状況ですが、東証は、東芝に連結貸借対照表を提出させ、2017年3月末で債務超過となっていることを確認した上で東証1部から2部に降格しました。監査法人の監査を受けていない財務諸表で東証が2部降格を判断したのは異例の措置でした。

これからも東芝から目を離すことができません。

本日も【ビズサプリ通信】をお読みいただき、ありがとうございました。

文:株式会社ビズサプリ メルマガバックナンバー(vol.058 2017.8.2)より転載