住友林業は、中国子会社で合板製造・販売業の阜新住林木業有限公司(遼寧省。売上高1億3800万円、営業利益△5億1300万円、純資産2億8200万円)の株式を譲渡することを決議した。譲渡先は中国の同業の佰山投資(控股)有限公司(吉林省)で、出資持ち分は100%から14.9%に低下する。

住友林業は中国での事業拡大を目指し、2008年に阜新住林木業を設立したが、生産立ち上げに時間がかかったことや、原材料価格の高騰で厳しい経営環境にある。中国国内で合板の製造事業を運営している佰山投資に持ち分の一部を譲渡することで、業績改善を図る。

譲渡価格は約26億3000万円。

譲渡予定日は2013年9月30日。