住宅用木材部材の販売大手の大日本木材防腐は、住友林業クレストから東洋陸運の発行済株式の100%を取得し東洋陸運を子会社化する。

東洋陸運を子会社化することで、大日本木材防腐は、販売、物流体制を整備し競争力の強化を目指す。

東洋陸運の平成22年3月期売上は、2,153百万円、営業利益は82百万円、純資産は46百万円、一株当り純資産は386円となっている。