M&A速報

住友林業<1911>、豪住宅販売会社のHenley Propertiesグループを子会社化

2013/09/27

住友林業は子会社を通じて、オーストラリアの住宅販売会社Henley Propertiesグループ(ビクトリア州。売上高約478億円、純資産約118億円)の株式を追加取得し、子会社化することを決議した。株式の所有比率を50%から51%に引き上げる。

Henleyグループはオーストラリアでデザイン性や品質に優れた住宅事業を手がけており、アメリカでも事業を展開している。住友林業はHenleyグループのHenley Arch Unit Trust、Henley Arch Ptyの持ち分をそれぞれ1%追加取得することで経営主導権を取得し、海外における住宅事業の一層の拡大を目指す。

取得価額は約1億6500万円。取得予定日は2013年9月27日。

M&Aデータベース

関連の記事

【住友林業】M&Aで海外住宅事業が大ブレイク!

【住友林業】M&Aで海外住宅事業が大ブレイク!

2018/03/29

住友林業は2009年以降、豪州で2社、米国で4社の住宅メーカーを矢継ぎ早に傘下に収めた。海外での年間住宅販売は9000棟に迫り、数量では国内販売を上回る。その海外住宅事業は今や全売上高の四分の一を占めるまでに大躍進した。快進撃はどこまで続くのか。

介護業界の最新トピックをひも解く(下)高齢者住宅新聞社・網谷敏数氏インタビュー

介護業界の最新トピックをひも解く(下)高齢者住宅新聞社・網谷敏数氏インタビュー

2017/08/24

超高齢社会である日本において、介護の在り方は日毎に重要さを増している。介護・医療業界の取材を重ね、最新事情に明るい『高齢者住宅新聞』編集長の網谷氏に、最新の業界動向についてお話を伺った。インタビュー第2回目は、介護業界のM&A事例と今後の動向について。

M&A速報検索

クリア