企業評価の記事一覧

【中小企業のM&A】中小企業に最適な評価方式は「時価純資産価格方式」

【中小企業のM&A】中小企業に最適な評価方式は「時価純資産価格方式」

M&Aの検討を行う際の企業価値評価方法は様々。れを採用するかはケースバイケースだが、中小・零細企業M&Aの場合に売手、買手ともに納得を得られやすいのは「時価純資産価格方式」。

記事を読む
【判例】非上場株式の株価が問われたアートネイチャー事件

【判例】非上場株式の株価が問われたアートネイチャー事件

かつら製造販売のアートネイチャー<7823>が、当時非上場だった同社の代表者や役員に自己株式譲渡や新株発行を行った経緯について、株主が問題視した事件がありました。今回は、非上場株式の評価について最高裁まで争われためずらしい判例を解説します。

記事を読む
セブンの米コンビニ買収「2.2兆円」は高い買い物なのか

セブンの米コンビニ買収「2.2兆円」は高い買い物なのか

セブン&アイが米コンビニ業界3位のスピードウェイを2.2兆円で買収すると公表しました。「買収価格が高すぎる」と一度破談となった交渉が復活したわけですが、コロナ禍での巨額買収はセブン株主にとってプラス材料となるのでしょうか。

記事を読む
企業価値のアプローチと評価手法(最終回)まとめ

企業価値のアプローチと評価手法(最終回)まとめ

これまで計10回にわたり、様々な企業価値の評価手法について数値例を用いて解説してきた。最終回の本稿では、それぞれの評価法についておさらいする。

記事を読む
簿価・時価純資産法|企業価値のアプローチと評価手法(10)

簿価・時価純資産法|企業価値のアプローチと評価手法(10)

今回は、会社の純資産を基準に評価するネットアセットアプローチの手法である「簿価純資産法」と「時価純資産法」の計算方法をご紹介する。

記事を読む
配当還元法|企業価値のアプローチと評価手法(9)

配当還元法|企業価値のアプローチと評価手法(9)

今回は、株主への直接的な現金支払いである「配当金」にもとづいて株主価値を評価する「配当還元法」の計算例を紹介する。

記事を読む
調整現在価値法(APV)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(6)

調整現在価値法(APV)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(6)

連載6回目の今回は、企業の資本構成が大きく変化する場合や税率の変更が予想される場合に用いられる「調整現在価値法」について紹介する。

記事を読む
フリー・キャッシュ・フロー(FCF)法|企業価値のアプローチと評価手法(5)

フリー・キャッシュ・フロー(FCF)法|企業価値のアプローチと評価手法(5)

「フリー・キャッシュ・フロー(FCF)法」の計算では対象会社ごとに異なる割引率を用いる。会社によって期待される収益率が異なるからだ。今回はFCF法で株主価値を求めてみよう。

記事を読む
インカム・アプローチとは?|企業価値のアプローチと評価手法(4)

インカム・アプローチとは?|企業価値のアプローチと評価手法(4)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか? 連載第4回はインカム・アプローチの概要とその考え方について解説する。

記事を読む
「類似取引法」と「取引事例法」| 企業価値のアプローチと評価手法(3)

「類似取引法」と「取引事例法」| 企業価値のアプローチと評価手法(3)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか?連載第3回は、非上場企業向けに使用する「類似取引法」と「取引事例法」について、実際に計算しながら理解を深めたい。

記事を読む
「M&Aに欠かせない企業価値、株式価値、事業価値の理解」しっかり学ぶM&A基礎講座(15)

「M&Aに欠かせない企業価値、株式価値、事業価値の理解」しっかり学ぶM&A基礎講座(15)

M&Aに関する情報を正確に理解するためにはこれらの用語の違いを知っておく必要があります。今回は「企業価値」「株式価値」「事業価値」の意味の違いと、それぞれの関係について解説したいと思います。

記事を読む
類似上場会社法|企業価値のアプローチと評価手法(2)

類似上場会社法|企業価値のアプローチと評価手法(2)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか?連載第2回は、マーケット・アプローチの代表的な評価手法である「類似上場会社法」について、実際に計算しながら理解を深めたい。

記事を読む
マーケット・アプローチと市場株価法|企業価値のアプローチと評価手法(1)

マーケット・アプローチと市場株価法|企業価値のアプローチと評価手法(1)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか? 連載第1回は企業評価アプローチの手法とマーケットアプローチの代表格である「市場株価法」について解説する。

記事を読む
【中小企業・事業承継】平成29年度税制改正で大きく変わった事業承継税制-1

【中小企業・事業承継】平成29年度税制改正で大きく変わった事業承継税制-1

シリーズ事業承継の活用手法として、中小企業の事業承継や 財産の分散防止に効果的な信託などを解説しています。今回は平成29年度税制改正において、非上場株式の評価方法が大きく変わりました。第1回は~利益係数の変更の影響~について解説します。

記事を読む
【中小企業のM&A】節税対策は会社を売却するときにどう評価されるのか

【中小企業のM&A】節税対策は会社を売却するときにどう評価されるのか

節税対策をするときと、M&Aで第三者に会社を売却(譲渡)するときでは、同じ会社でも評価方法が異なります。節税対策をしている会社を売却するときには、どう評価されるのでしょうか

記事を読む
市場価値 (相場) に着目する企業評価方法 ~類似会社比準法~

市場価値 (相場) に着目する企業評価方法 ~類似会社比準法~

株式公開 (IPO) を目指している企業や上場している比較しやすい同業が存在する企業を評価する際によく使われる「類似会社比準法」について解説します。

記事を読む
会社の収益またはキャッシュフローに着目する企業評価方法 ~DCF法~

会社の収益またはキャッシュフローに着目する企業評価方法 ~DCF法~

今回は、成長企業を評価する際などによく使われる「DCF法」について解説します。

記事を読む
会社の保有している資産に着目する企業評価方法 ~純資産価額法~

会社の保有している資産に着目する企業評価方法 ~純資産価額法~

成熟企業や衰退基調にある企業を評価する際などによく使われる「純資産価額法」について解説します。

記事を読む
税制改正速報:非上場株式の年明けの株価が1.7倍に激増する場合も!

税制改正速報:非上場株式の年明けの株価が1.7倍に激増する場合も!

中小中堅企業に大きな影響がある税制改正大綱が出されました。非上場株式の株価算定にご注意ください。

記事を読む
【ストックオプション事例研究】​デジタルアーツ新株予約権(有償ストックオプション)の発行

【ストックオプション事例研究】​デジタルアーツ新株予約権(有償ストックオプション)の発行

ネットの有害情報遮断、情報漏洩防止フィルタリングソフトを中心としたセキュリティソフトの開発・販売を行うデジタルアーツが有償ストックオプションを発行しました。

記事を読む
【中小企業のM&A】 買収監査(デューディリジェンス)とは?

【中小企業のM&A】 買収監査(デューディリジェンス)とは?

M&Aを実行する上で欠かせない手続きとなる「買収監査(デューディリジェンス)」についてわかりやすく解説します。

記事を読む
【ストックオプション事例研究】​三機サービス新株予約権(有償ストックオプション)の発行

【ストックオプション事例研究】​三機サービス新株予約権(有償ストックオプション)の発行

大型空調メンテナンスの三機サービスが有償新株予約権を発行した。この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

記事を読む
2016年第3四半期TOBプレミアム分析レポート

2016年第3四半期TOBプレミアム分析レポート

2016年3QのTOBプレミアム分析レポートです。公表ベースで14件と前年同期(8件)比で増加傾向にあり、50%を超えるプレミアム件数も6件と比較的高い割合となっています。

記事を読む
【中小企業のM&A】企業評価の手法

【中小企業のM&A】企業評価の手法

M&Aを行う以外にも、相続対策をするために株の移動をすることもあるでしょう。会社を安売りしないためには会社の価値や株価を知ることが必要になります。今回は企業評価の手法について、初心者向けにやさしく解説します。

記事を読む
【中小企業のM&A】企業評価と実際の売買価額はどう違う?

【中小企業のM&A】企業評価と実際の売買価額はどう違う?

証券取引所において日々取引される時価にもとづいて会社の価値が把握できる上場会社と異なり、非上場の中小企業の場合、「企業価値はどうやって算定するのだろう」と疑問に思われる経営者も多いのではないでしょうか。今回は中小企業の企業評価について取り上げてみたいと思います。

記事を読む