Chatworkが描く「チャットが社会のプラットホームになる」未来

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

「なぜ今どきメールで連絡を取り合うの?」-新入社員が入社して最初に受けるカルチャーショックが、企業の「メール文化」だという。LINEやツイッター、フェイスブックなどのSNSを利用してきた若者にとって、チャットを使うのは当たり前で電子メール(以下、メール)は「形式ばっていて、まどろっこしい」らしい。

電話やファクスで育ち、ようやくメールに追いついた中高年ビジネスマンにとっては驚きだが、若者たちの指摘は当たっている。企業がビジネスチャットの導入に乗り出し始めたからだ。理由は「スピード」「同報性」そして「オープン性」だ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5