日本電産の記事一覧

「日本電産」EV戦略にアクセル 三菱重工工作機械を買収

「日本電産」EV戦略にアクセル 三菱重工工作機械を買収

日本電産がEV戦略にアクセルを踏み込んでいる。 EV戦略にとって重要な取り組みとなる工作機械メーカー・三菱重工工作機械を買収し、トラクションモーターシステムの増産に取り組む。

記事を読む
「決算書の読み方 最強の教科書」|編集部おすすめの1冊

「決算書の読み方 最強の教科書」|編集部おすすめの1冊

簿記・会計の知識を身に付けたからといって、企業の決算書がすらすら読めるとは限らない。理論と実践の間に高い壁が立ちはだかっているからだ。公認会計士である著者自身も駆け出しのころ、「決算書が読める状態」とは程遠い場所にいることを知り、大きなショックを受けたという。そんな体験が本書執筆の動機になっている。

記事を読む
「日本電産」の成長に陰り 新型コロナの影響は1年続く見通し

「日本電産」の成長に陰り 新型コロナの影響は1年続く見通し

積極的なM&Aなどで成長してきた日本電産に陰りが出てきた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、経済が長期間低迷すると判断し、2021年3月期の売上高目標を2兆円から1兆5000億円に引き下げた。

記事を読む
日本電産会長の「永守重信氏」が理事長を務める永守学園と京都光楠学園が合併

日本電産会長の「永守重信氏」が理事長を務める永守学園と京都光楠学園が合併

日本電産会長の永守重信氏が理事長を務め、大学、幼稚園、保育園を運営する永守学園と、中学、高校を運営する京都光楠学園が2021年4月1日に合併することになった。

記事を読む
5G向け冷却部品事業に参入「日本電産」の挑戦は

5G向け冷却部品事業に参入「日本電産」の挑戦は

日本電産がスマートフォンの5G(第5世代移動通信システム)向け冷却部品事業に乗り出した。TOBで傘下に収めた台湾の Chaun-Choung Technology Corp.(CCI)が持つ技術を活用する。

記事を読む
「日本電産」EV向け駆動モーターの受注見込みが3カ月で5倍に M&A損失も計上

「日本電産」EV向け駆動モーターの受注見込みが3カ月で5倍に M&A損失も計上

日本電産の永守重信会長は、電気自動車(EV)向けのトラクションモーターの受注見込みが7月時点の90万台から、10月時点では455万台に増大したことを明らかにした。

記事を読む
小説「敵対的買収」|ミネベアが三協精機へ敵対的TOB

小説「敵対的買収」|ミネベアが三協精機へ敵対的TOB

敵対的な企業買収の実態を広く世間に知らしめた、経済小説家・清水一行氏の代表作の一つ。すでに刊行から30年近く経っており、内容については広く知られている名著なので、ここでは小説のモデルとなった買収事件を紹介する。その後の両社の数奇な運命は…。

記事を読む
M&A 巧者の日本電産が思わぬ損失を被ったエンブラコ買収の舞台裏とは

M&A 巧者の日本電産が思わぬ損失を被ったエンブラコ買収の舞台裏とは

日本電産はエンブラコの買収に伴い、欧州委員会からセコップの売却を求められ、売り先企業や売却条件などについて、厳しい指摘を受けたことから198億円もの損失が発生したことを明らかにした。

記事を読む
日本が「中国買い、韓国売り」を打ち出す理由とは

日本が「中国買い、韓国売り」を打ち出す理由とは

日本企業が中国と韓国で行うM&Aに変化の兆しが現れてきた。中国ではビジネスを拡大するために買収を積極化している一方、韓国では譲渡が買収を上回ってきた。

記事を読む
訴訟を経て「エンブラコ」買収完了 日本電産 

訴訟を経て「エンブラコ」買収完了 日本電産 

日本電産は米国の家電メーカー・ワールプール社のコンプレッサー事業であるエンブラコの関連企業10社中8社の株式取得を完了した。残りの中国企業2 社については2019 年9月末までに取得を完了する予定。

記事を読む
【日本電産】(2)売上高2兆円に向け注目集まるM&A

【日本電産】(2)売上高2兆円に向け注目集まるM&A

日本電産が2020年度を最終年度とする中期戦略目標「Vision 2020」達成に向け正念場を迎えている。その目標達成のカギを握っているのが車載モーター分野でのM&Aだ。

記事を読む
【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

東証「適時開示」ベースで、2019年4月のM&Aは前年同月比16件増の67件と、昨年10月以降7カ月連続で前年を上回った。前月(3月)比では15件減った。海外M&Aが23件と全体の3分の1を占め、なかでも売却案件が中国を中心に9件に上った。

記事を読む
「決算発表」前哨戦を終え、連休明けからヤマ場に

「決算発表」前哨戦を終え、連休明けからヤマ場に

10連休明けから、上場企業の2019年3月期決算発表がヤマ場を迎える。ゴーン事件に揺れる日産自動車、内紛騒動の渦中にあるLIXILグループ、施工不良問題のレオパレス21など注目企業が控える。まずは4月の「前哨戦」をおさらいすると。

記事を読む
2兆円に挑む日本電産 成否を分けるのは次の一手(M&A)

2兆円に挑む日本電産 成否を分けるのは次の一手(M&A)

日本電産は2021年3月期に売上高2兆円を達成する目標をかかげており、2021年3月期は2020年3月期比21.2%の増収が必要となる。次の一手(M&A)が 成否を分けることになりそうだ。

記事を読む
今年最大のM&A、日本ペイントHDが3000億円で豪塗料大手を買収

今年最大のM&A、日本ペイントHDが3000億円で豪塗料大手を買収

日本ペイントホールディングスが17日、豪州の塗料メーカー最大手、デュラックスグループの子会社化を発表した。買収金額3005億円は日本企業によるM&A案件で今年最大だ。豪州企業を対象とするM&Aでは歴代3番目の規模となる。

記事を読む
「中国は必ず伸びる」日本電産永守重信会長が強い期待

「中国は必ず伸びる」日本電産永守重信会長が強い期待

日本電産​の永守重信会長は「中国メーカーからの引き合いはものすごい勢いできている」としたうえで、「中国は必ず伸びる。世界一のEVメーカーは中国から出てくる」とし、中国経済に強い期待を示す。

記事を読む
日本電産が勝訴 努力義務違反に関する米社訴訟で

日本電産が勝訴 努力義務違反に関する米社訴訟で

​日本電産は米国の家電メーカー・ワールプールから起こされた訴訟について、ニューヨーク南部地方裁判所が訴訟を却下する決定を下したと発表した。ワールプールは同社のコンプレッサー事業を買収するための努力を、日本電産が怠っているとして訴えていた。

記事を読む
日本電産 努力義務違反で訴訟に いま何が起こっているのか 

日本電産 努力義務違反で訴訟に いま何が起こっているのか 

​日本電産に何が起こっているのか。同社は3月12日に、買収手続きを進めていた米国の家電メーカー・ワールプールのコンプレッサー事業であるエンブラコに関し、ワールプールが訴訟を起こしたと発表した。

記事を読む
【日本電産】業績下方修正もM&A戦略に変更なし

【日本電産】業績下方修正もM&A戦略に変更なし

日本電産がM&A戦略に変更のないことを示した。同社は2019年1月23日に業績の下方修正をしたばかりだが、同1月31日にドイツの大型減速機メーカー・デッシュ・アントリープステヒニク社を子会社化した。

記事を読む
IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

2018年の業種別M&Aで、件数が最も多かったのはIT・ソフトウエア業界の125件だった。2位がその他サービス業界の120件、3位が電気機器業界の38件と続いた。

記事を読む
『日産自動車極秘ファイル2300枚』|編集部おすすめの1冊

『日産自動車極秘ファイル2300枚』|編集部おすすめの1冊

日産自動車にはかつて「塩路天皇」と呼ばれる絶対的権力者が君臨した。経営に介入する労組のドンを打倒するために1人のサラリーマンが立ち上がった。本書は7年に及ぶ「実録戦記」。時はめぐり、新たな絶対的権力者となったゴーン前会長が会社を追われた。

記事を読む
日本電産が60社目のM&A 減速機事業で3極体制が実現

日本電産が60社目のM&A 減速機事業で3極体制が実現

日本電産の減速機事業で、アジア、米国、欧州の3極体制が整う。これまではアジアと米国が商圏だったが、ドイツの減速機メーカーMSグレスターを買収したことで3極体制が実現した。

記事を読む
日本電産永守重信会長 自信満々の経営の中身は

日本電産永守重信会長 自信満々の経営の中身は

​日本電産の永守重信会長がM&Aを積極的に行っていく考えを改めて示したほか、 電気自動車などの駆動用モーター、電動パワステ、次世代ブレーキモーターを大増産する計画を明らかにした。

記事を読む
【2018年4月M&Aサマリー】買収45件中、12件が海外M&A…「適時」開示ベース

【2018年4月M&Aサマリー】買収45件中、12件が海外M&A…「適時」開示ベース

東証の「適時開示」ベースで、2018年4月の買収は前月を4件下回る45件。海外M&Aが12件と活発で、全体の4分の1を占めた。M&Aを経営戦略の軸とする日本電産は米国の冷蔵庫用部品メーカー、エンブラコを1175億円で買収することを発表した。

記事を読む
「ロングリスト」M&Aの成否にかかわる重要な資料 日本電産は価格、PMI、シナジーの3つを重視

「ロングリスト」M&Aの成否にかかわる重要な資料 日本電産は価格、PMI、シナジーの3つを重視

M&Aにおけるロングリストとは、買収の対象となる売り手企業のリストや、売却の対象となる買い手企業のリストを指す。買収や売却を検討している企業のM&A方針に沿って作成する。方針を明確にすることが重要。

記事を読む