ブロックチェーンの導入とM&Aが活発化

現在、銀行は大型のコンピューターを用いて、中央集中型の処理を行っている。ブロックチェーンは分散型の処理を行うため、中心となる大型のコンピュータ-は存在しない。 

大型のコンピューターに対する投資が必要ないため、ブロックチェーン技術を用いれば送金などの手数料を安くすることができる。

 日本の銀行は日銀のマイナス金利政策の影響で、集めた預金を貸し出す利ざやビジネスが成り立ちにくくなっている。さらに手数料ビジネスについても、すでに手数料がかからずに送金できるサービスがあるため、この面でも厳しい状況に追い込まれている。 

このため銀行業界に低コストで処理ができるブロックチェーンや仮想通貨を用いたシステムを導入する動きが活発化しつつある。 

同時に経営難に陥る銀行が増える可能性も高く、今後ブロックチェーンや仮想通貨などの新しい金融技術の導入と並行して、M&Aも現実味を帯びてきそうだ。

文:M&A Online編集部