三井住友フィナンシャルグループは子会社がセディナの実施する第三者割当増資を引き受け、2010年5月をめどにセディナを連結子会社化することを決議した。議決権ベースでの株式所有割合を45.84%から67.49%に引き上げる。

三井住友フィナンシャルグループは、クレジットカード事業をリテールビジネスの中核事業の一つと位置付けている。セディナに対し新規事業・システムへの投資や経営構造改革のスピードアップを目指すとともに、クレジットカード事業における中核会社としてのセディナの位置付けをより一層明確化し、財務基盤の強化を図る。

取得価額は499億円。払込期日は2010年5月31日。