マツダ<7261>が「第46回東京モーターショー2019」で、同社初となる量産電気自動車(EV)「MX-30」を発表した。国内で2019年10月24日に発売したクロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)「CX-30」をベースにEV化している。欧州では予約が始まっており、2020年後半から発売する。現地価格は3万3990ユーロ(約410万円)。国内販売は決まっているが、発売日は未定だ。

EVとしては中途半端な「MX-30」

しかし、EVとしての評価は「中途半端」と言わざるを得ない。先ず満充電での走行距離は約200km(欧NEDCモード)と、先行する日産自動車<7201>のEV「リーフ」の400~570km(JC08モード)に比べても短い。これは「MX-30」のバッテリー容量が35.5kWhと、「リーフ」の40kWhと62kWhに比べて少ないからだ。

実は「MX-30」のバッテリー容量が小さいのには理由がある。将来、発電機となるレンジエクステンダー搭載モデルを追加するからだ。レンジエクステンダーにはマツダの「お家芸」といえるロータリーエンジンを使い、ガソリンエンジンで発電した電力で走行できるため、走行距離はガソリン車と同等になる。

車台は「CX-30」と共通。前部スペースに余裕があるのはレンジエクステンダーの搭載スペースとみられる(同社ホームページより)

つまり「MX-30」は、すでに発売されている日産「ノート e-POWER」と同じ、シリーズ(直列)方式*のハイブリッド車(HV)が本来の姿なのだ。現行の「MX-30」はシリーズ方式のHVから発電機を取り除いた「中途半端」なモデルといえる。

*ガソリンエンジンを発電専用とし、車輪の駆動には使わないHVのこと。一方、エンジンで発電と駆動を併用するのがパラレル(並列)方式