トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >川崎市の九龍城砦「ウェアハウス」が閉鎖、ゲオの事業整理進む

川崎市の九龍城砦「ウェアハウス」が閉鎖、ゲオの事業整理進む

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
撮影場所としても人気のスポット

11月17日に、香港に実在した九龍城砦をモチーフとしたアミューズメント施設「ウェアハウス川崎」が閉店します。2005年のオープン以来、ゲームを楽しむプレーヤー以外にもコスプレイヤーの撮影場所などとして親しまれてきました。

施設を運営するのは、ゲオホールディングス<2681>です。今期の営業利益予想は100億円。前期比36.2%減と苦境に陥っています。レンタル事業が不調となる一方で、リユース事業が好調です。2020年3月期第1四半期のリユース事業の売上高は前期比14億7200万円のプラスとなりました...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY