貸会議室事業のTKP<3479>が、公募増資と第三者割当増資により241億円を調達しました。この資金は2019年4月に買収した日本リージャスの取得に充てられます。

日本リージャスの買収金額は467億1300万円。のれんとして430億円が積まれることとなりました。増資前の株主資本は110億円。のれんの対株主資本比率は390%と極めて高い水準でしたが、増資により120%まで下げました。

高い株価を背景に上手くM&Aを実施したTKP。攻めの買収戦略は吉と出るのでしょうか。

買収により売上高は58%増の562億円

リージャス長崎BizPORTセンター
長崎駅前にオープンした「リージャス長崎BizPORTセンター」(画像はプレスリリース)

日本リージャスは、スイスに本社を置くオフィス運営世界大手IWGの日本法人です。全国30都市、150拠点以上でレンタルオフィス事業を展開しています。TKPは2019年10月リージャス事業を運営する台湾子会社13社すべても29億2700万円で買収しました。

2社の買収により、TKPは409拠点(TKP259拠点)へと一気に広がり、業績は急拡大します。

2020年2月期のTKPの売上予想が前期比58.2%増の562億円となりました。営業利益も77.3%増の76億円に拡大する見込みです。

決算2018年2月期2019年2月期2020年2月期予想
売上高286億8900万円355億2300万円
(23.8%増)
562億600万円
(58.2%増)
営業利益34億4900万円42億8900万円
(24.3%増)
76億700万円
(77.3%増)
純利益20億7100万円18億9300万円
(8.6%減)
28億6300万円
(51.2%増)

業績予想修正決算報告書より筆者作成

第2四半期の売上高は242億7200万円、営業利益は35億6400万円でした。業績予想の進捗率は売上が43.1%、営業利益が46.8%となっています。やや強気に見えた業績予想も、通過しそうです。

同社の2019年3月末のPERは55.74倍。2019年10月15日の段階で63.2倍でした。公募増資をした後も株価は高値をつけています。市場はTKPのM&Aと、それに伴う増資を好意的に受け止めています。

ここまでの数字を見ると、M&Aは大成功しているように見えます。