ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【RIZAPグループ(旧:健康コーポレーション)】RIZAPで急成長。今後の戦略は?

alt
画像はイメージです。

■健康コーポレーションの財務分析

 業績推移を見ると、リーマンショック時に売り上げが落ち込んでいるが、その後は順調に増加している。セグメント別の売り上げ推移を確認すると、やはり美容・健康事業が牽引していることが分かる。新中期計画「COM IT 2020」によると、17年3月期に売り上げ1,000億円、21年3月期までに売り上げ3,000億円を目標としている。なお、利益率は直近3年間ではいずれも5%台である。

 食品関連事業は、07年に弘乳舎を子会社化し事業を営んできたが、今後さらに美容・健康事業を軸に業容を拡大するにあたりグループ内シナジーが希薄であるという理由で、13年に弘乳舎の全株式を売却することで撤退となった。

 食品関連事業撤退の代わりに、住関連ライフスタイル事業およびエンターテインメント事業が美容・健康事業との協業を進めている。住関連ライフスタイル事業は13年9月にイデアインターナショナルを子会社化したことで開始した。14年2月にイデアインターナショナルが同じく子会社の日本リレント化粧品を吸収合併し、業容の拡大を図っている。また、エンターテインメント事業は14年1月にゲオディノスを子会社化したことで開始し、美容・健康事業(RIZAP)との協業を進めている。

資産が急膨張するも、大規模なM&Aを行うだけの力は十分

 健康コーポレーションの自己資本比率は20%の前後を推移している。14年、15年の総資産の大幅な増加は、売り上げの増加に伴う当座資産(簡便的に現預金+売上債権で計算)が大幅に増加していること、およびM&Aによる増加が要因である。14年は前期に比べ当座資産が43億円増加し、14年1月のゲオディノスの子会社化により総資産が104億円増加している。15年は前期に比べ当座資産が76億円増加し、15年2月の夢展望の子会社化で総資産が20億円増加している。  

 健康コーポレーションは、業績が好調で資金が豊富であり、また、株式の8割ほどを創業者である代表取締役が所有(代表取締役とその資産管理会社の合計持ち株比率)しており創業者持株比率が高く、いざというときの資金調達の余地が大きい。15年6月19日時点の時価総額が950億円であるから、100億円を増資で調達してもなお創業者持ち株比率は70%を超える計算となる。今後は事業の主軸である美容・健康事業とのシナジーを目的とした大規模なM&Aを積極的に行うだけの力は十分だといえるだろう。

この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

まとめ・M&A Online編集部

RIZAPグループの最新記事はこちらから
【RIZAPグループ】 M&Aも「結果にコミット」 美容・健康を軸に周辺領域へ拡大

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【企業力分析】健康コーポレーション 分析結果にコミットか?!ライザップ

【企業力分析】健康コーポレーション 分析結果にコミットか?!ライザップ

2015/11/27

「結果にコミットする。」という宣伝は、ダイエットに悩む人の心を捕らえた健康コーポレーション。2009年から2015年3月期までの連結財務諸表、7年間を専門家が分析した。

関連のM&A速報