【リゾートトラスト】M&Aによってメディカル・シニアライフ事業の強化を図り始める

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
画像はイメージです。

日本のリゾート会員権のシェアトップを走り続ける

 「リゾート」とは「多様な余暇活動を楽しめる場」と定義されることが多いが、リゾートトラスト<4681>はまさに「リゾート」の充実を目的とした総合リゾート事業を営んでいる。

 リゾートトラストは、1973年に名古屋市中区に設立され、事業は大きく2つに分類される。会員制リゾート事業(会員権事業、ホテルレストラン事業、ゴルフ事業)とメディカル・シニアライフ事業(メディカル事業)の2つである。会員制リゾート事業は文字通りリゾートに関する事業を営んでおり、日本におけるリゾート会員権のシェア7割を超え、トップを走り続けている。

 一方、メディカル・シニアライフ事業は、会員の高齢化とともにに高まる「健康で長生き」を求める声に対し、「リゾート地でリラックスしながら受けられ、痛みのほとんどない」新しい形の検診をコンセプトに、リゾート施設とホスピタリティを生かした事業として誕生した。メディカル事業では、がん治療・シニア医療・プライマリーケア等の医療サービスを提供しており、シニアライフ事業では、既存の事業で培ったホスピタリティによる介護付き有料老人ホームを運営している。

■リゾートトラストの行った主なM&A

年月 主なM&A
1998.6 ゴルフ事業への参入を目的として多治見クラシックを子会社化
1998.7 ゴルフ事業の強化を図るため、ジャパンクラシック、岡崎クラシック、オークモントゴルフクラブを子会社化
1999.12 リゾートトラスト初島を買収、初島クラブの再建を支援
1999.12 リゾートトラスト鳴門を子会社化
2001.3 ユーエス・サクマおよびユーエス・トレイディングを子会社化
2002.10 第一アドシステムを子会社化
2003.3 リゾートトラスト那須白河およびアール・ティー開発那須白河を子会社化
2006.7 医療施設経営コンサルティングを行うアドバンスト・メディカル・ケアを子会社化
2006.9 介護付有料老人ホームを運営する「こころから」を子会社化
2007.2 ゴルフ場を運営するエス・アイ・アールの全株式を取得
2007.5 医療施設経営コンサルティングを行うCICSを第三者割当による募集株式全部を引き受けにより子会社化
2009.1 高級有料老人ホームを運営するヒューマンライフサービスを買収
2010.6 高級有料老人ホームを運営するボンセジュールグラン(売上高26億円)の全株式を取得
2011.9 関西ゴルフクラブを運営する三明の全株式を取得
2012.11 介護付有料老人ホームを運営するサンビナス宝塚の経営権を取得
2013.5 サービス付高齢者向け住宅および介護付老人ホームを経営するアンクラージュの経営権を取得
2014.12 アメリカハワイ州「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」を313億円で買収

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。