犬島精錬所跡 わずか10年で潰えた銅鉱石の精錬施設|産業遺産のM&A

alt
瀬戸内に浮かぶ“アートの島”犬島に広がる銅鉱石の精錬施設跡

犬島は岡山市の東部、宝伝港の沖合約3kmにある。面積約0.6平方キロメートル、海岸線の長さ約3.6キロメートルで、岡山市唯一の有人島だ。近年は古民家を改装し、現代の芸術家が家空間そのものを作品化する「家プロジェクト」などのイベントもあり、“アートの島”として注目を集めている。

その犬島のメイン施設は直島福武美術館財団(現福武財団)が運営する犬島精錬所美術館。犬島に残る銅鉱石精錬所の遺構を保存・再生し、2008年にオープンした美術館である。遺産・建築・アート・環境などのキーワードを踏まえた新たな地域創造モデルとして、循環型社会を意識した美術館...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5