「丸福楼」 ホテルに生まれ変わった“ゲームの聖地”|産業遺産のM&A

alt
もともと任天堂の本社であった京都・鍵屋町にあるホテル「丸福楼」

京都市下京区鍵屋町。高瀬川と鴨川に挟まれ、歴史の面影が色濃く残る街並みが続く正面通の一角に、ゲームマニアにとって「聖地」といわれた任天堂<7974>の旧本社屋があった。その敷地建物は、任天堂が山内任天堂と称していた頃の流れを汲み、現在は創業家のファミリーカンパニーである株式会社山内が所有している。

その旧本社屋が2022年4月、「丸福楼」という瀟洒なホテルに生まれ変わった。「丸福」とは任天堂の創業家である山内家が用いていた屋号「丸福」に由来し、丸に「福」のマークは、現在の任天堂でも花札などに使われている。

日本・世界のゲーム産業を支えた任天堂と山内家

まず、任天堂とその創業家である山内家の歴史を簡単に振り返っておきたい。任天堂は1889(明治22)年、山内房治郎氏が花札やかるたの製造販売を行う山内房治郎商店として創業した。当時は会社組織ではなく、個人事業でのスタートだった。

2代目の山内積良氏は1933年に合名会社山内任天堂(現株式会社山内)を設立し、創業の地に鉄筋コンクリート造りの本店を構えた。これがホテルとして再生した山内任天堂の旧本社である。

山内任天堂は第二次大戦後の1947年、丸福という株式会社を設立した。山内任天堂の卸専門の子会社という位置づけであったが、会社組織としては現在の任天堂の前身である。

丸福は創業後、丸福かるた販売、任天堂かるたなどと社名変更を重ね、業容を拡大した。そして設立2年後の1949年、丸福かるた販売の時代に任天堂中興の祖といわれた山内溥氏が3代目社長を継いだ。溥氏は積良氏の孫にあたる。

山内溥氏は約50年にわたり任天堂の経営に従事し、任天堂を日本を代表する玩具メーカーへと育てていく。ただ、同族経営は好んでいなかったようで、その後、任天堂の経営は岩田聡氏、君島辰己氏、古川俊太郎氏へと引き継がれた。任天堂の経営と所有は分離され、任天堂は世界を代表する玩具メーカーへと成長した。

2013年、溥氏が85歳で他界する。所有する任天堂の株式を相続したのは、長男の山内克仁氏、孫の山内万丈氏らであった。長男の克仁氏は現在、山内財団という財団法人の代表を務め、万丈氏はYamauchi-No.10 Family Officeという会社を経営している。ともに現在の任天堂の経営には直接的には関わっていないが、現在は創業家のファミリーカンパニーである株式会社山内を加えた3社を総称して「山内家」と呼ばれている。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「日月ボール」再び燃えた産業の火|産業遺産のM&A

「日月ボール」再び燃えた産業の火|産業遺産のM&A

2022-11-11

江戸時代に日本に伝わったけん玉。大正から昭和期にかけて木工玩具として一世を風靡したが、その後衰退し、発祥の地、広島県廿日市市でも製造業者がゼロに。だが、しばらくして木工職人たちによって息を吹き返した。